ブロガーさんならテキストエディタを使ったほうがいいと思うんですよ。

パソコンと女性

ブロガーさんならテキストエディタを使ったほうがいいと思うんですよ。

ブログを書く時、ブログ投稿画面で直接執筆している方も多いと思うんですけど、僕はテキストエディタでがーっと執筆してからブログの投稿画面にコピペしています。

なんでそんな事をするかというと、

  • 執筆に集中するため
  • 動作が軽い=ストレスを感じない
  • 文章を書くための便利機能が備わっている

という3つのメリットがあるからです。

もしテキストエディタで執筆したことがないなら、ぜひ一度ためしてみることをオススメしますよ。

スポンサーリンク

テキストエディタって何ですの

テキストエディタって、つまりは文章を書くためのソフト。ということです。

例えばWindowsなら最初から必ずインストールされている「メモ帳」がまさしくテキストエディタです。

ただ「メモ帳」はホントに文字入力“だけ”でシンプルそのものなんですけど、僕がここで連呼しているテキストエディタは、文章を書くために便利な機能が色々備わっていて、書きやすかったり、書くスピードが上がったりします。

「ワード」はテキストエディタにあらず

文章を書くためのソフト。といえばその代表格「ワード」を思い浮かべる方もすごく多いと思いますけど、ワードは文章を書くだけでなく図や表を挿入したりレイアウトを整えたり、簡単なチラシとかぐらいなら作れてしまうデザイン機能が充実していますよね。

そういった総合的な編集機能を持ったソフトはテキストエディタというよりは「ワープロソフト」と呼んだほうがしっくりきます。

対して狭義のテキストエディタはデザイン機能がありません。

そのかわりに文章を書くために便利な機能が備わっていたり、ソフトの動作がとても軽かったりします。

とにかく文章の書きやすさを追求したソフトがテキストエディタなのです。

テキストエディタを使うべき3つの理由

あらためて、なぜ僕がブログの記事を執筆する時にテキストエディタを使うのか。

そのメリット。3つの理由を解説します。

  • 執筆に集中するため
  • 動作が軽い=ストレスを感じない
  • 文章を書くための便利機能が備わっている

執筆に集中するため

ブログを投稿するには、

  1. 記事を執筆
  2. 見出しや文章の修飾・リンクや画像挿入等
  3. 投稿

というプロセスを経ていきますが、ブログ投稿画面で直接執筆していると【1】と【2】が同時に出来てしまうので、ついあれこれ手を加えてしまいたくなって記事を最後まで書き切るのに時間がかかります。

テキストエデイタで執筆する場合は【2】が出来ないので、まず記事を最後まで書き切ることに集中できます。

まず記事を最後まで書き切ってから文章をコピペでブログ投稿画面に移し、見出しやリンクや画像など修飾をまとめて行う。の方が効率的で早いです。

動作が軽い=ストレスを感じない

テキストエディタは動作の軽さがウリの一つでもあります。

何をするにしてもタイムラグを感じずに作業出来るのはかなり重要です。

オフラインで作業が出来る。というのもストレス軽減に一役買っています。

ブログ投稿画面=オンライン上で作業していると通信環境によってスピードが遅くなったりする場合もあってストレスを感じます。

さらにいうとノートパソコンの場合、オンライン上で作業をするよりテキストエディタでオフラインで作業をする方がバッテリーの減りは明らかに少ないです。

文章を書くための便利機能が備わっている

テキストエディタは用途別に様々な特徴を備えたものが数多くリリースされてますし、最近はプラグインでカスタマイズが可能なものもあります。

テキストエディタ=文章(テキスト)を編集(エディタ)するソフトですが、一番よく使われているのはプログラマ界隈です。

Webやシステムなどの開発でコードを書く人にとってテキストエディタは必須アイテムで、各々使いやすいものを使いやすいようにカスタマイズして使っています。

ブロガーの場合でも、記事執筆に便利な機能があるので重宝しますし、サイトをカスタマイズしたくなった時などHTMLやCSSを修正する機会もあるかもしれませんが、そんな時こそテキストエディタが活躍します。

僕がテキストエディタに求める4つの機能

数あるテキストエディタの中から、僕が選ぶ基準として必要な機能が4つあります。

タブエディタである

文章ファイルを複数開いておけるタブエディタは必須中の必須です。

分割表示ができる

タブエディタでないといけない理由が、この分割表示です。

同一ファイルの分割表示はもちろんですが、別ファイルを並べて表示できるのが便利です。

非表示文字の表示

全角スペースや半角スペース、改行記号など、本来表示されないものを疑似的に記号で表す機能がだいたいのテキストエディタにはありますが、ソフトによって全角が表示されなかったり半角が表示されなかったりします。

設定、カスタマイズが分かりやすい

特に最近の海外製のテキストエディタがプラグイン方式を採用していることもあって、拡張性、カスタマイズ性が高いのは良いと思いますが、反面設定が大変すぎて結局出来ること出来ないことがわからないのが辛いところです。カスタマイズの森に迷いこんでしまって本来の目的(記事執筆)に戻れなくなってしまいます。

その点、国産エディタは設定できる範囲が分かりやすいのでカスタマイズが早々に完了して使い始められます。出来ないことは出来ないと決着がすぐにつきます。

ブロガーにおすすめのエディタ3選

僕の独断で選ぶ、ブログが書きやすいテキストエディタ3選を紹介します。

ここで紹介するのは全てフリーウェアです。無料で使えます。

UnEditor ★★★★☆

UnEditorイメージ

今使っているエディタはこれです。

僕的最高に使いやすいエディタです。

必要機能が全部そろっています。

「タブエディタの欠点である「2つのファイルを並べて表示できない」などを解決した」

と作者の方が言っているように、特に画面分割機能が秀逸です。一番スマート。

唯一残念なのが、サポートが2013年からストップしていてWin10がサポート対象外なところです。

とはいえWin10で普通に使えていますが。

当分はこれを使い続けるでしょう。

Mery ★★★☆☆

UnEditorがもし使えなくなったら次はこれかなあ。と思うエディタ。

必要機能は全部そろっています。

何故次点かというと、タブ分割がUnEditorほどスマートじゃないからです。

でも実はUnEditorが特別で、Meryや世に出てるタブ型テキストエディタほとんど全ての操作感が似たようなものなので、欠点とは言えないかもしれない。

Simplenote ★★★☆☆

狭義のテキストエディタとはちょっと違いますが、iphoneで文章を書く時はこれを使ってます。

iphoneやアンドロイドとパソコンで文章を同期できるマルチデバイス対応テキストアプリ。

テキストだけのEvernote。といえばわかる人にはわかるかも。

iphoneとパソコンで連携できるので、スキマ時間にiphoneで文章を組み立てておいて、後でパソコンでその文章をコピペでエディタ(UnEditor)に移して仕上げる。

みたいな使い方をしています。すごく便利です。

※※※※※※

以下は試してみたけど僕的にはイマイチなエディタを一応紹介。

サクラエディタ ★★☆☆☆

EmEditor(FREE版) ★★☆☆☆

どちらも有名なエディタで使っている方も多いはず。

機能的には申し分ないと思うんだけど、僕的には不十分。

Atom ★☆☆☆☆

SublimeText ★☆☆☆☆

海外製のエディタ。今一番勢いと人気がある。

インストールから使い始めるまでの設定が大変。

記事書き用というよりは完全にコード書き用。開発者向け。

がっちり設定して使い慣れてきたら良いのかもしれないけど、その前に挫折しました。

作業しやすい環境って大事

作業のスピードとか集中力とかって、本人のモチベーションとかでも左右しますが、もう一つ作業環境でも左右されますよね。

だから、ブロガーなら記事執筆を何で行うか。というところに少しはこだわりがあってもいい気がします。

もしテキストエディタ使ったことないなら、ぜひ一度試してみることをオススメしますよ。

使いやすいエディタと出会えたら、きっと作業効率が上がること間違いなしです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする