結婚記念日に陶芸教室で夫婦茶碗を作る

夫婦茶碗

毎年結婚記念日は、美味しいものを食べに行ったり、温泉に行ったり、ちょっとスペシャルなデートを楽しんでいましたが、なんとなくマンネリな気がしていたので趣向を変えて、今年は陶芸体験教室で夫婦茶碗を作ってきました。

全くの未経験でしたが、講師の先生に丁寧に教えてもらいながら、おろおろわーわーしながら、なんとかかんとか形になり、楽しい時間を過ごせました。

アソビューで陶芸体験教室を予約する。

「今年の結婚記念日、どうしよ」

とヨメさんと相談していて

「陶芸してみたい」

というアイデアが良さげだったので、さっそく体験教室を探そうと検索したらヒットしたのが「アソビュー」というサイトでした。

レジャー・遊び・体験に関するサービスを検索できるこのサイトで「陶芸」を検索すると、さらに詳細に「東京」「ろくろ」・・・と条件を絞って探すことが出来、あまり手間もかからず希望の条件に近い「COM陶芸教室」を見つける事が出来ました。

アソビューの会員登録を行って「COM陶芸教室」を予約します。

日時や人数など必要項目を記入したら、確認のメールが来て予約完了です。

後に「COM陶芸教室」さんから直接メールが来て数回確認のやり取りがありましたが、丁寧なやり取りで不快感もなくかえって安心しました。

アソビューからも2日前にリマインドのメールが来るなど、全体に親切な対応だと感じました。(親切すぎるぐらい親切にリマインドしないと色々トラブルもあるんでしょう)

はじめて陶芸体験してきた!

結婚記念日、陶芸体験当日です。

事前に

  • 万が一に備え汚れてもよい(洗えば落ちる)服装で
  • 女性はスカート不可
  • 開始10分前に来室してください
  • お支払いは現金のみでカード不可

と言われていたので、案内に従って準備万端で臨みました。

(汚れても良い服・・・はあまり気にしませんでしたが)

雑居ビルの5階。素っ気ない扉を開けると中はいかにも陶芸の作業場な雰囲気の一室です。

入口でカバンと上着を置いてエプロンを借ります。

簡単に講師の方とあいさつをして陶芸体験教室のスタートです。

まずは概要説明から入り、料金説明をけっこう詳細にされました。

  • 粘土の量は1作品基本500g以内。500gを超えたら1g5円加算
  • 基本形(茶碗など)ではない作品を作りたい場合は要相談、追加料金発生
  • 2作品作ってから1作品選んで焼きに回す。2作品とも焼く場合は追加料金
  • 釉薬は色によって料金が違う。
  • 完成は約1ヶ月後。発送納品の場合は発送代加算

細かい料金設定は明朗会計であろうとする姿勢の表れとみて好感が持てます。

そうしていよいよ陶芸体験へと進みます。

簡単だけど難しい!陶芸おもしろい!

陶芸体験はまず講師の方の大事なポイントの説明を聞いて、手本を見せてもらって、実際にやってみる。という流れで進みます。

電動ろくろに向かう時の姿勢からはじまり、土に触れる時の指の角度など、細かいけど大事なポイントが簡潔に説明され、分かりやすくてスムーズなので講師経験が長い方だと思いました。

いざ自分でやってみると、当然ですが上手くいかないものです。

最初に数回基本動作を練習しますが、全くの未経験なので恐る恐るのへっぴり腰です。

ポイントさえ押さえれば茶碗は簡単。と言われてのチャレンジは、オロオロワタワタしながらでしたが講師の方に根気よく教えてもらえたので、まったく初めてでもどうにか形にすることが出来ました。

ろくろを回して作品を作り終えた後には写真撮影タイムまで設けられていて、ろくろに向かっている姿をお互い取り合えるのですが、カッコよく映るアングルを教えてくれたり、体験教室ならではのサービスで気が利いています。

最後は作品の重さを測って、釉薬を選んで、料金の精算をして、体験教室が終了となります。

まとめ。陶芸体験はデートに最適

体験教室を検索した「アソビュー」は使いやすいサイトでした。

掲載数も多く、細かな条件の絞り込みも出来るので便利です。

COM陶芸教室さんは体験教室としてしっかりサービスを構築されている印象を持ちました。

事前の確認や、当日の体験教室の流れ、料金設定の詳細さなどなど

おかげでとても楽しい時間が過ごせました。

作品の出来も満足いくものだと思いますし、良い体験が出来ました。

陶芸体験はデートプランとしてはかなりおすすめだと思います。

普段見れない表情(真剣な表情とかオロオロした表情とか)や意外な一面が見れますし、土を触るのは気持ち良いですし、最後は形に残る作品も出来ます。

完成品が手に入るのが約1ヶ月後なので、1ヶ月後にまた思い出しトークが出来るのもよいですね。

結婚記念日のような記念日でのイベントとしても最適です。

結婚日記念日に作る夫婦茶碗。なんかよくないですか?

(追記)・・・それから1カ月後

出来あがった作品は配送してもらう事もできますが、今回は工房に出向き直接受け取る事にしていましたので、陶芸体験をしてから1カ月とちょっとした頃、「焼きあがりましたよ~」というメールをいただき、日時を決めて「COM工房」さんに受取りに再度伺いました。

夫婦茶碗-出来上がり

仕上がった作品は釉薬がかかって全く印象が変わっています。が、たしかに2人で作った茶碗です。

「焼き上がりは縮みますよ」と聞いていた通り、確かに1カ月前の時より明らかに小さくなっています。でも、茶碗というにはデカイ。茶碗と丼の間ぐらいの大きさです。

その日の夜に仕事から帰ったヨメさんに茶碗を披露しました。
「かっこいいね!でもデカイ!」
ヨメさんも仕上がりに大満足した様子です。

そして茶碗をネタにまた色々話が出来たので、今回陶芸体験に行って本当によかったと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする