釣り堀カフェ「キャッチ&イート」は釣った魚を天ぷらでいただけるカフェ

ホンモロコの天ぷら

釣り堀カフェ「キャッチ&イート」は名前の通り、店内の釣り堀で釣りを楽しめて、しかも釣った魚をその場で天ぷらにして美味しく頂けてしまうというゆかいなカフェです。

キャッチ&イート看板

お店の場所は練馬駅から徒歩3分。
1本路地を入ったところです。

キャッチ&イート外観

ガラス張りの店構えは一見ふつうのカフェのようにも見えますが・・・

キャッチ&イート店内いけす

店内は大きな“いけす”がほとんど全体を占めていて、“いけす”を囲む形で席がレイアウトされています。

スポンサーリンク

受付の流れと料金

お店に入ったら、まずは店奥のカウンターで受付をします。

料金は1時間1000円で竿とエサがついてきます。(竿、エサの持ち込みは不可です)
延長は30分500円です。

釣った魚を天ぷらか唐揚げにしてもらえますが、こちらも釣り料金の中に含まれています。

ドリンクはソフトドリンク類が300円。アルコール類がほぼ500円。
アルコール類が充実しています。

一応カフェという事になっていますが、カフェ的なフードはありません。
そのかわりに缶詰類が置いてあります。

受付、ドリンク等の購入をしたら席につきます。
席で竿とエサを受け取り、釣った魚を入れておく“ビク”をセットしてもらったら、いよいよ釣りスタートです!

ホンモロコ

いけすに放たれている魚は季節によって変わるそうです。
今回いけすにいたのは「ホンモロコ」という小型の淡水魚でした。
大きさはだいたい5~15cmぐらい。

wikipediaによると、コイ科の中でも特に美味しい魚らしく、京都では料亭に出される高級魚だそうです。

釣りのポイント

基本的な釣りの方法は店員さんに聞けば丁寧に教えてくれます。
といっても、エサの付け方と仕掛けの説明ぐらいしかないんですが。

僕の感じた釣るためのポイントは2つ

  • アタリを待たずに引っかけ釣り
  • なるべく魚の群れているところを狙う

本来なら魚がエサを飲み込んだ時のアタリに合わせて竿を引いて釣るのが正しいやり方のはずですが、はっきりいってアタリが弱すぎてよくわかりません。

しかもアタリを待っていたらエサだけかすめ取られてしまいます。
(水が透明なのでエサをかすめ取られる瞬間がよっく見えます)
エサがある時は群がっていた魚が、なくなった途端に離れていくのは悲しい気持ちにすらなります。
なので、ぶっちゃけアタリを待たずに、寄ってきたところを引っかけるつもりで竿を引く「引っかけ釣り」の方が釣りやすいと思います。

僕自身、最初の1時間はアタリを感じようと踏ん張っていましたが全然釣れず、悔しくて延長した30分で「群れ狙い&引っかけ釣り」に戦法を変えた途端に爆釣りできました。

とはいえ気付くのが遅かったためこの日の釣果は6匹。

店員さんいわく、これまで最高1時間で60匹以上釣った方もいるとか!

キャッチアンドイートのカウンター

今回は3人で遊びにきましたが、注文したビールもほとんど口をつけず、ひたすら無言、あるいは「ああ!」とか「くそっ!」とかぶつぶつ言いながら、エサを付け替え竿を動かし忙しく熱中して延長までしたあっという間の1時間半でした。

ホンモロコの天ぷら

ホンモロコの天ぷらアップ

1時間半に及ぶ格闘が終わり、釣ったホンモロコを天ぷらにしていただきました。

なお調理方法は天ぷらか唐揚げか選べます。(調理代は無料です)
釣れたて揚げたてのホンモロコの天ぷらはサクサクほっこりで骨も気にならず丸ごととても美味しく頂けました。

釣りも楽しめ、美味しい天ぷらまでいただけて、大満足のひと時でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする