ツタヤ新宿店新店舗のCDレンタル大充実から思う事

ツタヤ新宿店-CDレンタル店

新宿駅東口、紀伊国屋の向かいにあったツタヤ新宿店がビル建て直しに伴って移転営業しているんですが、現店舗がCDレンタルに力を入れていてかなりおもしろいと感じました。

なぜ今CDレンタルなのか。そして僕が感じている実店舗の価値についても書いてみます。

ツタヤ新宿店が移転してた。そしてすごい綺麗になっていた。

ツタヤ新宿店-CDレンタル店2

新宿駅東口からすぐ、紀伊国屋書店のはす向かいにあるのがツタヤ新宿店です。

以前は新宿通りに面したビルが丸々ツタヤで、DVD、CDレンタルや販売などまとめて全部ありましたが、ビルの建て替えに伴って(おそらく)期間限定でCDレンタルのみの店舗とDVDレンタルのみの店舗の2か所に分かれて営業をしています。

ツタヤ新宿店-フロア案内

CDレンタルの店舗は元々新宿店のあった場所と同じ場所の新しいビルの5階から8階です。

ちなみに1階はスタバ、2階から4階はスタバのドリンクを持ち込めるブックラウンジとなっています。

ツタヤ新宿店-DVDレンタル店

DVDレンタルの店舗はちょっと離れて歌舞伎町方面。靖国通りに面したテナントビル(新宿区役所の近く、1階がセブン銀行、隣がカラオケ館)の4階、8階、9階の3フロアで営業しています。

CDレンタル店の方は1フロアあたりがけっして広くはありませんが、5階から8階まで4フロア全てがCDレンタルとなっているのでかなりマイナーな作品まで揃っています。

各フロアに検索機もあるので、マイナーな作品を探す時も助かります。

ツタヤ新宿店-在庫検索機

特筆すべきは、試聴機が置いてあるので、借りようか迷っているCDを試し聞きすることが出来ます。これが本当にありがたい。

ツタヤ新宿店-試聴機

レンタルCDの返却に関しては郵便での返却も対応しています。

レンタル時に申し込めば専用バッグを一緒に貸し出されるそうです。

料金体系が他のツタヤと若干異なっていて、少し割高です。まとめ借りのキャンペーンも他のツタヤとは違う設定で展開されています。

それでも僕は最近月イチペースぐらいで通っています。

なぜなら、ここでしか借りられないCDが大量にあるから。

~まとめ~
・元々ツタヤ新宿店のあった場所は新しいビルでCDレンタル専門店になっている
・DVDレンタルは歌舞伎町寄りに移転
・4フロア全てレンタルCDなのでマイナーな作品までかなりカバーしている
・試聴機が置いてあるのですごく重宝する
・レンタル時に言えば郵送返却も可能
・料金はちょっと割高

なぜ今CDレンタルなのか。実店舗の価値とは

僕は、新譜は買って聞きますが、旧作やジャンルの深堀り、ルーツを遡って聞く。といった用途でCDレンタルを利用しています。

僕が好きで聞いている音楽は、割合マイナーなアーティストなことが多いため、近所のツタヤでは置いてないことがほとんどで、いくつか店舗を回って新宿店にたどり着きました。

旧作を聞きたい場合、CDやDL販売で購入するのももちろんアリですが、レンタルで済ませられるならその方がずっと安上がりなのでずいぶん重宝しています。

最近ますます勢力を拡大している音楽配信サービス(AppleMusicやSpotify、AWAなど)は新しい音楽と出会う場としては面白いですが、聞きたい作品に限って無い事が多く、またストリーミングサービスなので自分の手元に置いておく。という所有欲が満たせません。

どちらかというとラジオとか有線に近い感覚だと僕は捉えています。

(CDレンタルもデータ化してCDは返却してしまうので物体としては手元にないですが、音楽データが手元にあって再生環境など縛りがなく自由に扱える点で所有欲が充分満たせています)

なので僕はCDレンタルを利用しているのですが、その中でもネットレンタルではなくあえて実店舗に足を運ぶ最大の価値は、棚に並んだCDから意図していなかった新しい音楽と出会える。というところです。

ふと目に飛び込んできたジャケットが気になって。とか

名前は知っていたけどそういえばこのアーティストってどんなんだろ。とか

何これ。こんなの出てたの?的な新発見とか。

音楽配信サービスとは似て非なる体験というか、あちらもお手軽で良いですがその分軽いというかスルーすることが多いです。ごくわずかながら良いと思った作品は結局後日CD(がなければDL)で所有していますが、そういう作品と出会う確率はCDレンタル店での出会いよりも全然低い気がします。(でもこの感覚はオッサンだからかもしれません)

ネットの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」といったおすすめも良いけど、現物の並んだ棚で出会う面白味はやっぱり代えがたいのです。

たぶんですけど、これからツタヤみたいなレンタル店はCD、DVDとも実店舗が少しずつ減っていくんじゃないかと思います。

それは、音楽や映像の配信サービス。店舗を持たないネットレンタル。などわざわざ店舗に足を運ばなくても利用できるサービスがどんどん拡大していますし、アマゾンが拡大して小規模の本屋さんがどんどん閉店している。という現象とかなり似ている状況だと思うんです。

そういうことをわかっているからこそ、新宿の一等地にある店舗は他にないマイナーな作品を大量にそろえた店舗にしているんだと思います。

実際いつ行っても店内は結構込み合っています。

わざわざ足を運ぶ価値を感じている人が大勢いるということですね。

~まとめ~
・旧作を聞くならCDレンタルがずっと安上がりなので重宝している
・音楽配信サービスは面白いけど所有欲を満たせない。ラジオとか有線に近い。
・実店舗の魅力は意図しない作品との出会い
・たぶんこれからレンタル店の実店舗は数が減っていくと思う
・そんな中で他にない品揃えの店舗には価値を感じてわざわざ足を運ぶ