ペヤングプラス納豆が発売!納豆味は吉と出るか凶と出るか

ペヤングプラス納豆パッケージ

もはや恒例行事の感さえあるペヤングの期間限定新味。

今回は「納豆味」です。

納豆がはたして吉と出るか、はたまた凶と出るか。

とにかく実際に食べてみました。

スポンサーリンク

開封~後入れ納豆かやく

今回のペヤングは納豆味ということで、パッケージは藁納豆をイメージしたデザインです。

藁は写真素材を使っていますが、納豆はキレイめシンプルなイラストで表現されています。

やっぱり納豆は実写で掲載するにはビジュアルが相応しくなかったのでしょう。

パッケージ観察はそこそこにして、開封してソース、かやくを取り出します。

ペヤングプラス納豆かやくとソース

ソースとかやくは通常のものと変わらないように見えます。

そして今回の目玉「後入れかやく」乾燥したひきわり納豆です。

ペヤングプラス納豆後入れかやく乾燥納豆

見た目どストレートに乾燥したひきわり納豆です。

はたしてこの納豆がどんな活躍を見せてくれるのか、期待が高まります。

調理~実食

作り方はいつものペヤングとなんら変わりません。

かやくを投入して、お湯を注いでフタをして3分。

湯切りをしてソースを混ぜて、最後に「後入れかやく」を投入して完成です。

ペヤングプラス納豆完成

湯切りをしてソースを混ぜたところまでは、全く通常のペヤングと同じでした。

ですが!

「後乗せかやく」である乾燥ひきわり納豆を投入した瞬間から、ふわっと納豆の香りが立ち上り、いつものペヤングから表情がガラッと変化します。

でも納豆の香りを一番感じたのは、実はこの最初の瞬間がピークで、その後はほんのり香る程度。いやむしろあまり感じないぐらいに収まってしまいました。

ペヤングプラス納豆

納豆は糸を引くのか?むしろ引いてほしい!と思い、全体をさっくり混ぜて納豆に湿り気を与えてみましたが、糸はほぼ引きません。

味について

納豆の味は、少しはするかな?ぐらいで、ペヤングソースの味がメインで納豆感はあまり感じませんでした。

ペヤング9:1納豆ぐらいの印象です。

そのかわり、乾燥納豆の食感がポリポリとしていてほどよいアクセントとなっているのが楽しいです。

食べ始めのうちはポリポリした食感の乾燥納豆ですが、食べ進めていくうちにすこ~しづつゆるんできて納豆っぽい食感になっていきました。そして糸もうっっっすら引いてきます。

でも味に変化はなし。

ノーマルペヤングとどっちが好き?と聞かれたら、僕はノーマルペヤングの方が好きです。
でも納豆ペヤングはおもしろい。

とりあえず1回食べておもしろがるぐらいにはおすすめですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする