ベッドorベット?どっちが正しい?違いは?

ベッドorベット

たまたまツイッターでつぶやきながら「おや?」と思って手が止まった単語。

「ベッ「ベッ

普段どっちを使っていたのか。口に出して言い比べてみたけどどうもはっきりしないです。

それだけ意識する事なく使っていた単語ってことですが、気になり始めると途端に据わりが悪くなります。

という訳で

・「ベッド」「ベット」正しいのはどっちか問題

・「ベッド」「ベット」違いはあるのか問題

に決着をつけるべく調べましたので、ここにまとめます。

「ベッド」「ベット」正しいのはどっちか問題

いきなり結論から言うと、

「ベッド」「ベット」

どちらも間違いではありません。

なぜ間違いでないのか。というと

ベッド→英語【bed】

ベット→ドイツ語【bett】

と由来が違うだけで、意味はどちらも同じ「寝床」なので、間違いではないのです。

ベッド・ベットどっちが一般的?

「ベッド」「ベット」どちらも間違いではないですが、どちらが一般的に使われているか。というと、「ベッド」の方が優勢じゃないかと思われます。

一番はっきりしているのは、日本の寝具メーカーは

「フランスベッド」

「日本ベッド」

「パラマウントベッド」

「全日本ベッド工業会」(業界団体)

と「ベッド」を使用している点です。

インターネット上ではどうでしょうか。

Googleで「ベッド」「ベット」両方検索してみましたが、まったく問題なく検索できました。

ただし「ベット」で検索しても出てくる結果は「~ベッド」「ベッドの~」といった具合でしたので、やっぱり一般的には「ベッド」のようです。

ベットが先でベッドが後?

一説によると、まず先にドイツ語の「ベット」が日本に入ってきたそうです。

おそらく医学書、医学関連の知識として入ってきたといわれています。

その後、英語が日本に浸透していく段階で「ベッド」が一般的になった。

という説です。

日本人、日本語の発音

日本人の使う日本語の特質として、促音(小さい「っ」)の後に濁音が来る言葉が元々は無かったそうです。

そういった由来から、元来得意でない発音なので「ベッド」も「ベット」も言い分け聞き分けがはっきりとせず、どっちでもOKと曖昧なまま両方定着したのではないか。

という説もあります。

ちなみに、似た単語として

「バッグ(Bag)」~「バック」

「ブルドッグ(Bulldog)」~「ブルドック」

「ホットドッグ(Hotdog)」~「ホットドック」

があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする