還暦・古希・喜寿など長寿祝いを行う年齢、由来まとめ

長寿

長生きはそれだけでとてもおめでたいことです。

長寿のお祝いを行う風習として「還暦」「古希」「喜寿」など、節目となる年齢や、その由来などがありますので、まとめてみました。

長寿祝いまとめ

長寿のお祝いは60歳の「還暦」をはじめとして、数年ごとに決められています。

呼び名や由来はほとんど“駄洒落”や“こじつけ”みたいなものですが、そのユーモアが“粋”でもあります。

長寿お祝いの年齢の数え方

お祝いの年齢は、元々は数え年で祝っていましたが、今は満年齢で祝うことが一般的となっています。

長寿お祝いの方法

お祝いの方法について、還暦だけは「赤いちゃんちゃんこ」という慣習がありますが、以降のお祝いは特に決まっていません。

一応、お祝いの「色」がありますので、その色や年齢にちなんだ贈り物をするのも良いかもしれません。

家族や親戚などが集まって食事をする。など、楽しい時間が過ごせればなによりではないでしょうか。

ただ、高齢になるごとに体力も弱まってきますので、あまり無理をしない、させない様な配慮は必要です。

長寿祝い一覧

【呼び名(振り仮名)・年齢(満年齢で記載)・祝いの色】の順で記載しています。

還暦(かんれき)60歳・赤

生まれた年の干支に還ることから「還暦」という呼び名がつきました。

赤が祝い色のため、赤いちゃんちゃんこを着てお祝いをします。

赤いちゃんちゃんこには「赤ちゃんに戻って生まれ直す」という意味があるそうです。

古希(こき)70歳・紫

中国の唐時代の詩人、杜甫(とほ)が詠んだ詩の一節

「人生七十古来稀なり(70歳まで生きる人は昔から少なかった)」

を由来としています。

喜寿(きじゅ)77歳・紫

「喜」の字をくずして書くと「七」を重ねた形で「七十七」と読めることから、77歳を喜寿と呼ぶようになりました。

傘寿(さんじゅ)80歳・紫または黄

「傘」の字の形が「八」と「十」を重ねた形に見えることから、80歳が「傘寿」と呼ばれることとなりました。

盤寿(ばんじゅ)81歳

もっぱら将棋界で祝われている「盤寿」は、将棋の盤のマス目が「9×9=81」マスあるところを由来としています。

米寿(べいじゅ)88歳・金茶

「米」の字の形をよく見ると「八」「十」「八」の組み合わせで出来ている。というところから88歳を「米寿」と呼んでいます。

卒寿(そつじゅ)90才・白または紫

「卒」の漢字の略字を「卆」と書くところから、「九」「十」の組み合わせなので90歳の祝いは「卒寿」となりました。

白寿(はくじゅ)99歳・白

100-1=99と、「百」から頭の「一」を取ると「白」になる。というところを掛けて、99歳の祝いが「白寿」となりました。

紀寿(きじゅ)百寿(ひゃくじゅ)100歳・白

100年=ちょうど1世紀。というところから、100歳のお祝いは「紀寿」と呼ばれています。

また、ストレートに「百寿」と呼ぶ習わしも残っています。

茶寿(ちゃじゅ)108歳

「茶」の字は、上の草冠が「十」の2つ繋がっている形なので「20」

「茶」の字の下部分は「八」「十」「八」の組み合わせで出来ているので「88」

「20」+「88」=108

というわけで、108歳のお祝いは「茶寿」となっています。

皇寿(こうじゅ)川寿(せんじゅ)111歳

「皇」の字は「白」と「王」に分けることができます。

「白」の字は「百」から「一」を引いた字なので99を表しています。

「王」の字は「二」と「十」の組み合わせでできています。

「白=99」+「二」+「十」=111

となるので、111歳のお祝いは「皇寿」と呼ばれています。

もう一つの呼び名「川寿」については、「川」の字の見た目が「111」と似ているところを由来としています。

大還暦(だいかんれき)120歳

還暦の60歳をもう一度迎えた事から、120歳は「大還暦」と呼ばれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする