厄年とは、男性・女性の厄年、厄払いの方法

厄払いする神主さん

厄年(やくどし)とは、災いがいつもより多く訪れるとされる年齢の事です。

日本で古くから信じられている風習の一つです。

平安時代にはすでにこの風習があり、陰陽道が由来という説もありますが、実際はよく分かっていないそうです。

男性の厄年は生涯に3回(数えで25、42、61才)

女性の厄年は生涯に4回(数えで19、33、37、61才)

訪れるとされています。

また、厄年は「本厄(ほんやく)」とも呼ばれ、

本厄の前の年は「前厄(まえやく)」

本厄の次の年は「後厄(あとやく)」

と前後にも厄年の繋がりがあり、都合3年間は注意が必要。とされています。

厄年は数え年で数えます。

一般的に使われている「満年齢」より1~2才上にカウントしますので、厄払いをするつもりが、よくよく確認してみたらもう厄年が過ぎていた。ということもあるかもしれませんので注意が必要です。

数え年の数え方。満年齢から数え年を計算する方法。考え方と由来。

スポンサーリンク

男性、女性の厄年とその由来

男性の厄年は数え年で25才、42才、61才が「本厄」とされています。

特に42才の厄年は「大厄」と呼ばれ、最も災厄の降りかかる恐れのある年齢。といわれています。

男性厄年一覧

女性の厄年は数え年で19才、33才、37才、61才が「本厄」とされています。

特に33才の厄年が「大厄」と呼ばれています。

女性厄年一覧

なぜこの年齢が厄年なのか。という理由ははっきりしておらず

33才=「散々(さんざん)」

42才=「死に(しに)」

といった語呂合わせによるものとも言われています。

しいて挙げれば、

  • 19才、25才は青年期の盛り。
  • 33才(女性)は出産できるギリギリの年齢
  • 37才、42才は中年期への過渡期
  • 61才は老年期への過渡期

で、日頃の行いや体調管理などに注意を心がけるように。と捉える事もできます。

いずれにしても、厄年に災厄が降りかかる。という言い伝えについて、科学的・統計的根拠は全くなく、厄年だから何か起こる。ということは一切ありません。

むしろ厄年は心身を引き締める節目の年

もしくは「気にしない

ぐらいで丁度良いと思われます。

厄払いの方法、時期、料金

厄年の災厄を避けるために「厄払い」を受ける。という方も多いでしょう。

厄払いは神社で行います。

神社はどこでも大丈夫ですが、特に「厄除け神社」と言われている神社も各地にあります。

厄払いを受けるタイミングは、厄年に入る前が良い。と言われています。

厄払いを神社で受ける場合の料金はおおよそ3千円~1万円程度。と言われています。

料金、タイミングについて神社毎に違いますので、厄払いを受ける神社に直接問い合わせるのが確実です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする