リポートとレポートの違い。意味。使い分け。

リポートorレポート

「リポート」と「レポート」

普段何気なく使っていますが、何となく使い分けされている様にも感じますし、別にどっちでも良いような気もしますし、正しい使い分けとかあるのでしょうか。

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

そもそもの意味は?

リポートとレポート。まずそもそもの意味を調べました。

どちらも英語では「Report」になります。

英語の発音を日本語に置き換える段階で”リ“ポートと”レ”ポートが同時に生まれたみたいですね。

元となった英語「Report」の意味は

(…を)報告する、報じる、伝える、(…に)(…を)報告する、報告する、(…に)報告する、(…と)報告する、(…が)伝える、うわさする、記事を書く

weblio英和辞典より引用

と説明されています。おおむね想像通りの語釈ですね。

映像、報道はリポート/書類、研究はレポート

英語から派生した「リポート」「レポート」は元が同じ英単語なので、意味も同じ。使い分けも特になくどちらを使っても問題なし。

という結論になるかと思いましたが、実は使い分けの基準があることがわかりました。

「レポート」は紙媒体やドキュメントファイルでの報告という意味があり、「リポート」にはテレビなどの映像媒体による中継報告という違いがあるのです。

キャリアパーク!より引用

こちらのサイトによると、

レポート・・・報告、報告書、研究報告、主に紙媒体、ドキュメントファイル

リポート・・・テレビ中継、映像媒体による中継報告

とメディアの種類によって使い分けをしている。と説明されています。

またwikipediaには

日本新聞協会加盟の新聞社や放送局、日本雑誌協会加盟の出版社、共同通信社発行「記者ハンドブック」などでは「リポート」「リポーター」を採用している。

wikipediaより引用

という解説があります。

あらためて「レポート」「リポート」を使う場面を思い返してみると

  • レポート用紙
  • (主に学校や会社にて)「レポート提出してよ~」
  • 「グルメリポーターの○○です」

確かに

レポート:紙媒体、報告書
リポート:映像媒体、中継

という使い分けがされていますね。

という訳で、レポートとリポートは実は使い分けがされている!という結論になりました。

調査レポートは以上となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする