熨斗(のし)の種類と意味。基本4パターンの使い方をすっきり解説!

のし写真

かしこまった贈答品やご祝儀を渡す時などに使う「熨斗(のし)」
デパートなどでも「のしはどうされますか?」と聞かれる事もありますよね。

なんとなく、かしこまった場では熨斗に包む。という事は知っていても、
シチュエーションによってどの熨斗を使えば良いのか。
そもそもどんな熨斗の種類があるのか。
正しい選び方や書き方が分からない。

という方は多いのではないでしょうか。

この記事では

  • 熨斗の意味
  • 水引の結び方の種類と意味
  • シーン別熨斗の選び方と表書きの例
  • 外のしと内のしの違いと使い分け

をご紹介します。

熨斗の意味

現在一般的に「熨斗(のし)」と言えば、贈答品に巻く白い紙と飾り紐(水引)と右上に付く飾り。の全体を指している場合がほとんどです。

のし紙

お中元やお歳暮などの贈答品に付けるのは「のし紙」
ご祝儀や香典などで使う封筒状のものは「のし袋」
とも言います。

結婚式や葬儀などの特別な行事に贈る贈り物。
お中元やお歳暮などの特別な感謝の気持ちを贈る贈り物。
出産祝や開店祝などの特別な縁起事をお祝いする時の贈り物

などといった特別なシーンでの贈り物に、のしを付けて(のし袋に入れて)贈ります。

今では白紙に水引や飾りをあらかじめ印刷したものも一般的に使われていますが、あくまでもそれは簡略化したものです。

細かく分けますと、

  • 白い紙の事を「掛け紙」
  • 右上に付いている飾りの事を「熨斗(のし)」
  • 中心に巻く飾り紐の事を「水引(みずひき)」

と言います。

のし各部名称

贈答のシチュエーションによって水引の結び方と熨斗の有り無しがそれぞれ決まっています。

熨斗は縁起物である事の証

のし

熨斗とは「縁起物である証」「神仏へのお供え物」という意味合いがあります。
ですので、熨斗を付けるのは祝い事や縁起事の時だけです。

元々の熨斗の由来は神様へのお供え物に供えられていたアワビ貝。
アワビ貝は不老長寿の薬と考えられており、古来より縁起物としてお祝い事の儀式によく使われていました。

そのアワビ貝を神事で使うために、アワビの肉を薄く削いで干して押し伸ばし、さらに水洗い→乾燥→押し伸ばしの工程を何度も繰り返した物を「熨斗鮑(のしあわび)」と言います。

ちなみに「熨斗」とは「押し伸ばす」という意味です。
現在でも「熨斗」は中国語ではアイロンの事を指します。

かつては贈答品に「熨斗鮑」そのものを付けていましたが、簡略化されて今の「熨斗」の形になりました。

ですので「熨斗」の真ん中に黄色い紙が挟まれていますが、この紙を「熨斗鮑」と言います。

のしと熨斗鮑

熨斗は「縁起物である事の証」として付けますが、例外として贈答品が魚や肉などの生鮮食品(いわゆる「生臭もの」)の場合は熨斗を付けない。という習わしとなっています。

水引の結び方の種類と意味

鮑結び

水引の語源は
・麻紐を色水に浸して引きながら着色したもの
・和紙をこよりにして紐状にして水糊を引いて固めたもの
などと言われています。

元々は神事でお供え物を包む包み紙が解けないようにする封印のためのものでしたが、やがてその結び方や色に様々な意味合いを持たせるようになりました。

水引の基本的な結び方3種類

結び切り(むすびきり)

結び切り

固く結ばれて解くことが難しい結び方です。
「一度限り」「繰り返さない」「二度とあってほしくない」
といった意味があります。

鮑結び(あわびむすび・あわじむすび)

鮑結び

結び切りの一種で、こちらも同様に「一度限り」という意味が含まれています。
また、引っ張るほど固く結ばれて解けなくなる結び方のため「末永いお付き合い」という意味もあります。

花結び(はなむすび)

花結び

いわゆる「蝶結び」の結び方です。
解いて結び直す事が出来る結び方なので「何度あっても嬉しい」という意味があります。
花結びは縁起物にのみ使える結び方です。

シーン別熨斗の選び方と表書きの例

のしはシーンによって
・水引の結び方
・水引の色
・熨斗の有無
の組み合わせで使い分けます。

以下の表は組み合わせのパターンとそれぞれの意味、使うシーンの例をまとめた一覧表です。

のしの種類一覧表

上記の例はあくまで一例ですが、基本はこの4パターンです。

水引の結び方と色、熨斗の有無。に込められた意味を知れば、
どのシーンにどののしが相応しいか。
がなんとなくでも分かるのではないでしょうか。

外のしと内のしの違いと使い分け

のしが表に出ているのが「外のし」です。
包装紙の上からのしを掛ける場合も「外のし」と言います。

一方、のしが隠れているのが「内のし」です。
贈り物(の箱)に直接のしを掛け、その上から包装する場合も「内のし」と言います。

元々は贈答品に直接のしを掛けて風呂敷に包んで持参していましたので、「外のし」「内のし」という考え方はありませんでしたが、宅配便で贈答品を送るようになったので、配送中にのしが破れたり汚れたりしないように。という配慮から「内のし」が生まれた。と言われています。

それぞれの使い分けは明確に決まっていませんが、基本的な考え方としては

外のし 内のし
・直接手渡しする時
・一目で贈答品と分かるように
(例:結婚祝や出産祝など)

・宅配便等で送る時
・控え目に贈答品を贈る時
(例:返礼品、内祝い)

と言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする