お中元の時期はいつからいつまで?地域による違い。時期を過ぎたら?

お中元を持つ女性

遠く離れた両親や日頃お世話になっている方などに贈り物を贈る「お中元」

なんとなく夏ごろの行事という事は分かりますが、具体的にいつからいつまでに贈るのが良いのでしょうか。

また、細かく見ていくと地域ごとによっても時期に違いがあります。
ちょっと分かりずらい地域ごとの時期の違いを一覧表にまとめました。

また、時期を過ぎてしまった場合についてもまとめました。

お中元の時期・全国的には7月15日までが無難

6月初旬頃からはじまる百貨店のお中元商戦。
TVCMなどの宣伝でお中元の時期が始まる事を思い出す方も多いのではないでしょうか
(僕がまさにそうです)

細かく見れば地域ごとに違うお中元の時期(詳しくは後述)ですが、ざっくりした時期でいえば7月15日までがお中元をお届けする時期と考えて間違いないです。

お中元とは日頃の感謝の気持ちを伝えるために贈り物を贈るのが本来の目的ですので、感謝の気持ちが伝わるのであれば時期はほどほど前後してもそう問題ではないでしょう。
(ただしお相手がしきたりや風習に厳しい方の場合はしっかり時期を守りましょう)

また、一時期に集中するのを避けるためや、相手方のご都合、早割り等でお得に購入できるなどの理由で、早め(6月下旬頃)にお贈りする人も年々増加傾向にあると言われています。

東日本と西日本の違い

お中元の時期東西一覧表

大きく分けると
・東日本(東北・関東・北陸)では7月1日~7月15日
・西日本(東海以西)と北海道では7月15日~8月15日

と東西でお中元の時期が分かれています。

7月15日がちょうど境目でどちらにもあてはまる日ですので、もしどちらか迷うのであれば、7月15日までにお届けするのが無難と言えます。

地域による違い

お中元の時期地域別一覧表

さらに細かく地域別に時期を見ていきますと、
・7月1日~7月15日の地域(東北・関東・北陸の一部・沖縄)
・7月15日~8月15日の地域(北海道・北陸の一部・東海・関西・中国・四国)
・8月1日~8月15日の九州

とおおよそ3パターンに分かれます。

沖縄は基本的には7月1日~7月15日の間で間違いありませんが、正確には旧暦の7月15日までにお届けするのがしきたりです。
カレンダー通りの7月15日ではありませんので注意が必要です。

時期が混在している北陸

北陸地方(新潟、富山、石川、福井)はお中元の時期が入り混じっていてややこしいです。

・7月1日から7月15日:石川県南部(金沢、加賀地方)、福井県、新潟県
・7月15日から8月15日:石川県北部(能登地方)、富山県

どっちの時期なのかややこしいですが、もし贈る時期を迷われるのであれば7月15日が一番無難と言えます。

時期を過ぎたら「暑中見舞い・残暑見舞い」

なるべく時期通り、もしくは少し早めぐらいにお届けしたいお中元。
しかし事情によっては時期を逃して遅れてお送りする場合もあるでしょう。

お中元の時期を過ぎて贈り物をする場合の「のし」は、「暑中見舞い」「残暑見舞い」となります。

例えば関東など7月1日~7月15日の地域の場合、
・7月1日~7月15日:お中元
・7月16日~立秋(8月7,8日):暑中見舞い
・立秋以降8月中:残暑見舞い
となります。

7月前半に送れば間違いなし

地域ごとのお中元の時期の違いについてまとめましたが、一般的には7月前半頃がお中元の時期として統一されつつあるようです。

ですので「お中元は7月15日まで」と覚えておけばほぼ間違いないでしょう。

要は感謝の気持ちを伝えることです。
相手方の事を考えて喜ばれるお中元を贈りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする