iphoneテザリング「インターネット共有」3つの方法それぞれのメリット・デメリット

iphoneでテザリングを行う「インターネット共有」には、パソコンと繋げる方法として

  • WI-FI
  • BLUETOOTH
  • USB

の3種類が用意されています。

iphoneテザリング

接続方法それぞれにメリット・デメリットがありますので、ここにメモしておきます。

WI-FI

WI-FIで接続するメリットは

  • ワイヤレスで接続できる
  • 通信スピードが速い。

という2点です。

主に外出先でiphoneテザリングを利用するので、荷物が1つでも減るのはありがたいです。その点で、iphone単体でテザリングできるのはメリットと言えます。

通信速度も充分早く(だいたい50~70Mbpsぐらい)遅くて困ることはほぼありません。

wi-fi接続の通信速度

デメリットは

  • 電波状況によって、接続しにくい時がある

という1点があります。

外出先(主にカフェ)は電波が混雑している事が多く、パソコンが電波を探せずなかなか繋がってくれない。ということがぼちぼちあります。

繋がらないことには本題に入れないので、この1点はどうにかしたいデメリットであります。

BLUETOOTH

bluetooth

BLUETOOTHで接続するメリットは

  • ワイヤレスで接続できる
  • バッテリー消費が抑えられる
  • すぐに繋がる。安定している

という3点です。

BLUETOOTHもWI-FIと同じくiphone単体で接続できるので手荷物が増えないのがありがたいです。

それよりもよく言われるBLUETOOTH接続の最大のメリットは、バッテリー消費が他2種と比べて少ない。という点にあります。

またWI-Fiと比べて、接続時のストレスがほとんどありません。

ペアリングもすぐ出来ますし、途中で切れることも無く安定しています。

デメリットは

  • 通信速度が遅い

という1点です。

通信速度は1Mbps程度しか出ないので、ブラウザでサイト閲覧等はかなりストレスがあります。

メールを受信する等、一時的に繋がればOKな時ならば使えると思います。

USB

USB

USBで接続するメリットは

  • 通信が確実・安定している
  • 通信速度が速い

という2点です。

USBはLightningケーブルで有線接続するので、確実にテザリングが出来、通信品質も安定しています。

通信速度についても、WI-FI接続と同等かそれ以上のスピードが出ますので、ストレスなく使用できます。

デメリットは

  • Lightningケーブルを用意する必要がある
  • パソコンのバッテリー消費を早めてしまう

という2点です。

ケーブル1本なので気にならなければデメリットにならないのですが、されど1本手荷物が増えます。

また、USB接続するとパソコンからiphoneに電力供給が始まってしまうので、パソコンのバッテリー消費が早まります。

メリット・デメリットを比較して

接続方法3種類のメリット・デメリットを比較して、僕は普段WI-FIでのテザリングを利用しています。

なにより一番メリットとして感じているのが

ワイヤレスで接続できる

という点です。つまり外出先で手荷物を増やすことなくテザリングを利用できる点が僕にとっては一番のメリットと感じています。

また

通信速度が速い

という点もありがたいです。

やはり通信速度がそれなりにないと使用にストレスを感じますので、速度も重要です。

ただし

電波状況によってはなかなか接続してくれない

という点は残念ではあります。

たまにiphoneとパソコンがなかなか接続してくれなくて無駄な時間が過ぎていく時は、USB接続だったらこんな目に合わないですむんだけどなー。と考えたりもします。

しかし、USB接続はパソコンからiphoneに電気が流れてしまいパソコンのバッテリー消費が早まるので、やっぱりWI-FI接続が一番の選択肢だと思い直すのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする