ディズニーリゾートのベビーセンターは至れり尽くせり!0歳児と一緒でも快適に過ごせる気配りがすごい!

シンデレラ城と空

先日、0歳児の娘を連れてディズニーに行ってきました!
娘は初ディズニーです!

赤ちゃん連れだとどうしても行動範囲が狭くなってしまいます。
行った先でのおむつ替えや授乳など、あれやこれやが気になります。

ですが、ディズニーランド・シーではそういった心配をせずに安心して快適に過ごせる施設「ベビーセンター」があって、その充実した設備や心配りの行き届いたサービスが、まさに至れり尽くせり!といった感じで、大満足で思いっきりディズニーリゾートを楽しめました!

そんなディズニーの「ベビーセンター」についてリポートします。

まずはベビーセンターに行きましょう。

ディズニーランドであれば
・ワールドバザールのトゥモローランド側出口の左手側
・モンスターズインクの隣もしくはトゥーンタウンのロジャーラビットのアトラクションの隣

の2ヵ所にあります。

ディズニーシーであれば
・メディテレーニアンハーバーに出て右手側、ベーカリーの隣
にあります。

ベビーセンターの充実した設備

おむつ交換室には、使い捨てのおむつ替えシートが各おむつ交換台に設置されていますので、おむつ替えシートを持っていく必要がありませんし、交換もスムーズに行うことができます。

おむつはその場で捨てていくことができます。

また、パンツ型のおむつを使っている子どもやお着替えする子ども用に着替え台も完備されています。

授乳室はカーテン付きの個室とソファーが設置されています。
個室にはママ用のイスとテーブルが用意されているので、授乳中に荷物を出したりまったりするのも楽にできます。
授乳室では、オルゴール調のディズニーソングが流れていて、ゆったりとした気分で授乳することができますよ。

一番感動したのが食事ルームです。
パパ・ママ用のソファーやイスとテーブル付きのベビーチェアが設置されています。
そして、粉ミルク用の熱湯の用意はもちろん、哺乳瓶を冷やすための氷水も設置があるのです!

ミルク育児のママは特に共感してもらえると思いますが、熱湯の用意がある授乳室は多いのですが、冷やすための氷水まで設置されていることってほとんどないんですよね。
少なくとも、私はディズニーリゾート以外に出会ったことがありません。
本当にこの心遣いには感動しました。

他にも、電子レンジが設置されていますので、離乳食を温めたりするのに利用できます。
使い終わった哺乳瓶や食器を洗うためのキッチンもありますので、家にいるのと同じように食事の準備と片付けをすることができます。
とても便利で安心できます。

ベビーセンターでは、必要なベビーグッズのほぼすべてを販売しています。
おむつやおしりふきはもちろん、粉ミルク、調乳用のお水、離乳食、子ども用のおやつ、飲料などの食事、哺乳瓶やパンツまで販売しています。

また、ベビーセンターには専属のキャストが常駐していますので、何か困ったことがあったらベビーセンターを活用してくださいね。

ベビーセンター以外の赤ちゃん用設備

ベビーセンター以外でも、おむつ交換台はすべてのレストルームに設置されています。
しかも、ほとんどの男性用レストルームにもおむつ交換台がありますので、パパがおむつ交換することも可能です。

また、ディズニーシーではタワー・オブ・テラーの隣のレストルームに授乳室があります。
こうした施設もうまく活用してください。

ディズニーリゾートでは、ベビーカーのレンタルを行っています。
レンタル料は1,000円で、1日借りることができますが、0歳児のうちは乗りなれないベビーカーだと嫌がってしまう可能性もありますので、乗りなれたベビーカーを持っていった方がいいと思います。

また、機嫌が悪くなってしまったときのために、抱っこひもをベビーカーに積んでおくことをオススメします。
子どもを抱っこしている間は、ベビーカーに荷物を積んで移動すれば楽ですよ。

ベビーセンターを起点にパークを巡るのがオススメ

例えば、授乳後のご機嫌な時間にウエスタンランドやアメリカンウォーターフロントなどのベビーセンターから遠いところで遊び、授乳時間が近づいてきたらベビーセンター付近で遊ぶといった感じです。

授乳間隔が3時間以上あいていれば、それで十分に楽しむことができます。

ベビーセンターのおかげで大満足でした

赤ちゃんとの遠出はあれこれ心配で荷物もいっぱい持っていってしまいがちです。

その点ディズニーリゾートは設備もしっかり整っていますし、設備の状況が分かれば最低限の準備でお出かけできますね。

ベビーセンターのおかげで、ディズニーを大満足でを楽しむことが出来ました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする