バレンタインデー 由来、歴史、意味。なんでチョコレート?

valentines-day

バレンタインデーといえば、チョコを巡って女子も男子もウキウキソワソワする(もしくはネガティブな感情に駆られるのも含めて)一大イベントですね。

でも、そもそもバレンタインデーにはどんな由来があるんでしょうか。
そして、なんでバレンタインデーにはチョコレートなんでしょうか。

調べてみると、実は結構古い歴史がある記念日だという事がわかりました。
そしてバレンタイン=チョコレート。という図式の由来も実に興味深い理由がありました。

バレンタインとはローマ帝国の司祭の名前が由来

バレンタインデーの由来はローマ帝国が栄えていた時代にまでさかのぼるとされています。

バレンタインとは、キリスト教の司祭であった「聖バレンタイン(ヴァレンティヌス)」の事。

時のローマ帝国皇帝であるクラウディウス2世(マルクス・アウレリウス・クラウディウス・ゴティクス/213年~270年/軍人皇帝の一人でローマ市民には神として祀られるほどの人気を博した)は、戦争に出向く兵士が故郷に妻を残すと士気が下がる。と考えて兵士達の結婚を禁止しました。

クラウディウス2世の思惑に反して、結婚を禁止された事を悲しんで士気の下がる兵士達。

そんな彼等(と、愛する彼氏と結婚できない彼女達)を哀れに思ったのが、キリスト教司祭だった聖バレンタインでした。

皇帝の命に背き、彼等彼女等のために密かに結婚式を行った聖バレンタイン。
しかしその秘密の結婚式の噂はやがて皇帝の耳にまで届いてしまいます。

命に従うよう命令しても全く従わず、毅然と反抗した聖バレンタインに対し、クラウディウス2世はとうとう彼を処刑してしまいます。

聖バレンタインが処刑された日は2月14日。
いやしくもこの日は、家庭と結婚の神であり全ての神々の女王でもある「ユーノー」の祝日でもありました。

兵士の結婚のために毅然とした態度で殉教した聖バレンタイン。
こうした出来事がきっかけとなり、2月14日は恋人達の日としてキリスト教徒の祭日となった。
という説が、バレンタインデーの由来として最も有力な説とされています。

日本のバレンタインデーの由来

日本にはじめてバレンタインデーが入ってきたのは、戦前に来日した外国人達による。
と言われています。
しかし当初は一部の特権階級外国人達の間の祝い事でしかありませんでした。

日本で初めてバレンタインデーを行ったのは、これも諸説ありますが、神戸のモロゾフ製菓が1936年(昭和11年)2月12日付けの外国人向け英字新聞「ザ・ジャパン・アドバタイザー」に掲載した広告のコピー
「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」
が最初というのが最も有力な説です。
(ちなみに、1936年(昭和11年)に起こった主な出来事といえば「二・二六事件」があります。第一時世界大戦終結が1918年。第二次世界大戦開戦が1939年です)

そこから時代が経ち、日本に本格的にバレンタインデーが普及し始めたのは、1970年代後半頃。
製菓業界や小売、流通業界が積極的にバレンタインデー商戦を展開し、学生世代から火がついた。と言われています。

現在のような「女性から男性にチョコレートを贈る」という様式が出来上がったのもこの頃です。

なんでバレンタインデーにはチョコレート?

今では疑問の余地もないほど浸透した「バレンタインデー=チョコレート」という関係。
でも、なぜチョコレートなのでしょうか。

その謎には、どうやらチョコレートの歴史が関係しているそうです。

チョコレートの原料であるカカオ豆は南米大陸で大昔から食されてきました。
しかし今のような形ではなく、豆をすりつぶしたドロドロの飲み物で、アステカ帝国(現在のメキシコ)では体温上昇効果などの健康効果から不老長寿の薬として王侯貴族が愛飲していたそうです。

16世紀、スペインのエルナン・コルテスがアステカ帝国を制圧して数々の略奪品と共にカカオ豆をスペインに持ち帰ったところ、やはりその体温上昇効果が健康効果が着目され、また同時に「恋の媚薬」としてヨーロッパ中の上流階級の間で広まりました。

この時広まった「恋の媚薬」というイメージが今でもチョコレートと恋愛を結びつけているという説が最も説得力があります。

時を経て、バレンタインデーにチョコを贈る事になったきっかけの1つとして挙げられるのは、イギリスのキャドバリー社が1800年代中頃にに発売した美しい絵のついた贈答用チョコレートボックスやハート型のバレンタインボックスで、バレンタインデーに恋人への贈り物として人気を博したそうです。

そうした歴史的な背景を組んだのかたまたま偶然だったのか、日本では製菓業界や小売、流通業界が先導して「バレンタインデーにはチョコレート」という一大キャンペーンによってすっかり定着してしまいました。

バレンタイン=チョコ。は日本だけ?

ちなみにバレンタイン=チョコ。と決まっているのはどうやら日本だけのようです。
バレンタインデー自体は世界中で祝われていますが、チョコと限定はされておらず、また女子らだけでなく男子からもプレゼントを贈ったり、国や地域によって祝い方、楽しみ方はそれぞれ違っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする