すみませんとすいませんの違い。正しいのはどっち?

すみませ~ん

「すません」「すません」
“み”“い”
1文字しか違いがありませんが、言葉の意味としては違いがあるのでしょうか。
もしくは、正しいのはどちらなのでしょうか。

どっちも間違いではないけれど・・・

「すみません」と「すいません」の違い
結論から言うと、どちらも間違いではないです。

どちらも意味は全く同じ。
使い方も全く同じです。

滑舌のあまりよろしくない方だったらなおの事、どちらを使っているのか聞き分けられないぐらい同じに聞こえますので、どちらが正しい、どちらが間違っている。という事はないです。

元々あったのは「すみません」

元々は「すみません」の方が先にありました。

その語源は「済む」に打消しの「ぬ」がついた「済まぬ」の丁寧語「すみませぬ」
やがて時代が進んで「すみません」へと変化しました。

ですが「すみません」の“み”は発音がしづらいため、より発音しやすい「すいません」が一般的に受け入れられる様になったのです。

ですので、話し言葉としてはどちらも間違いではないですが
より丁寧な言葉に聞こえるのは「すみません」
一般的、より俗っぽく聞こえるのは「すいません」

と感じる方も多いようです。

さらに崩れた言い方として「すんません」「すんまへん」
最近の若者言葉では「サーセン」という言い方もありますね。

いずれもバリエーションとして間違ってはいないですが、ここまで崩れた言い方はシチュエーションによっては失礼と取られる場合もあるので気を付けて使う必要があります。

文章で使う場合は「すみません」が正しい

話し言葉としてはどちらも間違いでない「すみません」「すいません」ですが、文章で書く際には「すみません」が正しい言葉使いとなります。

「すいません」は発音の都合で生まれた言葉なので、書き言葉としては相応しくない。
というのがその理由です。

ビジネス・フォーマルな場では「すみません」もNG

「すみません」「すいません」は日常よく使う言葉ですが、とても便利な言葉である反面、ビジネスやフォーマルな場で使うにはいささか軽い印象の言葉でもあります。

様々なシチュエーションで使う「すみません」ですが、例えば

謝罪をする場合:「申し訳ございません」「失礼いたしました」

謝意を伝える場合:「ありがとうございます」「恐れ入ります」

といった、よりフォーマルな敬語、言い回しがあるので、必要に応じてそちらを使うようにすべきです。

特にビジネス文章(メール等)では「すみません」はNGと思って間違いないです。

まとめ・状況で使い分け

すみませんとすいませんの違いについて、最後に改めてまとめます。

  • 話し言葉では「すみません」「すいません」どちらもOK。
  • 「すみません」の方が丁寧。「すいません」は俗っぽい。と捉える人もいる。
  • 文章では「すみません」が正解。「すいません」はNG。
  • ビジネス文章では「すみません」もNG。

“み”か“い”か、一文字だけの違いですが、ちゃんと状況によって使い分けないといけませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする