スターウォーズのあらすじ、主要キャラ、用語、はじめての人向け基礎知識

スターウォーズ・ライトセーバー

映画「スターウォーズ」シリーズ。
公開される度にニュースになるほど世界的に大人気ですね。

第1作が公開されたのが1977年。それから約40年に渡って世界中のファンに愛され続けシリーズが作られてきました。

そんなスターウォーズシリーズ。外伝など本筋以外の作品まで含めると膨大な数な作品がありますが、本筋本編は2017年時点で8作が公開されています。

シリーズ本編が8作も続いていると
「今から見てもストーリーがわからないんじゃない?」
「いきなり見ても全然ついていけないんじゃない?」

と思って手が出せない方も多いのではないでしょうか。
彼氏にデートで「スターウォーズ観に行こう」と誘われて身構えてしまうシチュエーションもあるでしょう。

まったく予備知識なしでも、ストーリーなんか知らなくても「スターウォーズ」は充分楽しめる映画ではありますが、ざっくりとしたあらすじ、登場キャラ、用語を知っていると、より楽しめること請け合いです。

という訳で「これだけ知ってればOK」な超ざっくり要約した基礎知識をここでまとめてみました。(一応ネタバレ有です)

スターウォーズ全体のあらすじと構図

「遠い昔、遥か彼方の銀河系」を舞台にしたスターウォーズシリーズは、
銀河系を分ける2大勢力の戦争

戦争の行方を左右する人物同士の闘いや成長、交流
の2軸を中心にストーリーが展開していきます。

2017年時点で8作まで公開されている本編ですが、大きく3部作を1区切りとしていて、3部作ごとに主人公が変わっていきます。

エピソード1・2・3

政治が腐敗の一途を辿る銀河共和国と、その腐敗ぶりを見限って離脱した分離主義勢力による対立、戦争と、銀河帝国誕生までを描く3部作。

それなりに平和だった時代が終わりを迎え、不穏な空気と共に戦争に突入し銀河系が混乱に落ちていきます。

エピソード1・2・3の主人公はアナキン・スカイウォーカー

辺境の惑星で奴隷として暮らしていた少年アナキン・スカイウォーカーが銀河共和国全体の守護者「ジェダイ騎士団」にその大いなる力を見出されジェダイとして成長していく様子と、恋人パドメ・アミダラとの出会い、そしてフォースの暗黒面に落ちて「ダース・ベイダー」となっていく悲劇が描かれています。

主要登場キャラ

アナキンスカイウォーカー

アナキン・スカイウォーカー:エピソード1・2・3の主人公
辺境の惑星で奴隷として生活していたが、強いフォースを持ちジェダイ騎士として成長していく。フォースの暗黒面に落ちダース・ベイダーとなる。

パドメアミダラ

パドメ・アミダラ:エピソード1・2・3のヒロイン
惑星ナブーの女王。戦争を回避しようと交渉を繰り返す政治家であり、またアナキンとの間にルーク(エピソード4・5・6の主人公)とレイア(エピソード4・5・6のヒロイン)の双子をもうける。

クワイガンジンとオビワンケノービ

クワイ=ガン・ジン:ジェダイ・マスター
オビ=ワン・ケノービ:弟子
銀河系全体を守護する「ジェダイ騎士団」の一員。アナキンの資質を見抜きジェダイとなる事を導く。

パルパティーン元老院議員

パルパティーン元老院議員/ダース・シディアス:銀河系を暗躍するシスの暗黒卿
政治の世界で銀河系を支配しようと暗躍する政治家。後の銀河帝国皇帝。
その正体はシス(フォースの暗黒面を操る能力者)の暗黒卿で、アナキンをフォースの暗黒面に落としダース・ベイダーを生んだ張本人。

ダースモール

ダース・モール:シスの暗黒卿
アナキンやジェダイの前に立ちはだかる悪役。

エピソード4・5・6

ジェダイ騎士団が滅び、かつての銀河共和国は「銀河帝国」となり銀河系全体を圧政によって支配するようになった暗い時代。
宇宙要塞「デス・スター」など強大な軍事力を抱える「帝国軍」とそれらに立ち向かう「反乱軍」との戦争を描く3部作です。

デススター

帝国の最終兵器「デススター」

エピソード4・5・6の主人公はルーク・スカイウォーカー

辺境の砂漠惑星タトゥイーンで農場手伝いをしていたルーク・スカイウォーカーが反乱軍に身を投じジェダイ騎士として成長していく様子と、父であるダース・ベイダーとの対決が描かれていきます。

主要登場キャラ

ルークスカイウォーカー

ルーク・スカイウォーカー:エピソード4・5・6の主人公
アナキン(ダース・ベイダー)の息子。
父親から存在を隠されるように辺境の惑星で農夫として生活していたが、強いフォースを操りジェダイ騎士として成長、父親であるダース・ベイダーと対決する。

レイア姫

レイア・オーガナ姫:エピソード4・5・6のヒロイン
反乱軍の指導者の一人。実はルークの双子の妹。
自ら戦闘や潜入偵察などもこなす優秀な兵士でもある。

ハン・ソロ:密輸商人。
ひょんなことからルーク達と行動を共にする事になったアウトロー。
相棒チューバッカ、愛機ミレニアム・ファルコン号と共に反乱軍の窮地を何度も救うことになる。

C3POとR2D2

R2-D2白いロボット(ドロイド)
レイア姫の救難映像をルークに見せる白いロボット(ドロイド)電子機器の操作、ハッキングや戦闘機の操縦補佐までこなす優秀な性能を持つ。
電子音からなる機械語でしか喋れないが、なんとなく意思疎通は出来ている様子。

C3PO金色のロボット(ドロイド)
600万もの言語を操る通訳ロボット(ドロイド)でR2-D2の相棒。

オビワンケノービ

オビ=ワン・ケノービ:ジェダイ騎士の生き残り
ルークをジェダイへと導く人物。
エピソード1・2・3ではルークの父親アナキンの師でもあった。

ヨーダ:最高最強伝説のジェダイ騎士
かつてのジェダイ騎士団を率いていた団長。
ジェダイ騎士団が滅んだ後はひっそりと身を隠し隠居生活を送っていた。
フォースの修行を授け道を指し示す師としてルークを見守る。

ダースベイダー

ダース・ベイダー
帝国軍の指揮官であり皇帝の右腕。
その正体はルーク・スカイウォーカーの父親アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ちた姿だった。
全身黒尽くめの衣装にマスク。呼吸音が特徴的。

ダースシディアス皇帝

ダース・シディアス皇帝
銀河帝国を率いる人物。フォースの暗黒面を操るシスの暗黒卿。
ダース・ベイダーら配下を操り銀河系を圧政で支配している。

エピソード7・8・9

現在進行中の3部作。2017年公開の最新作はエピソード8です。
シリーズ完結編のエピソード9公開は2019年の予定。

エピソード6より約30年後。
帝国軍の残党「ファースト・オーダー」と、かつての反乱軍が再編された「レジスタンス」の争いが描かれます。

辺境の惑星ジャクーでゴミ漁りを生業としていた主人公レイがフォースに目覚め、ダース・ベイダーを信奉する強敵カイロ・レンと対決し、最後のジェダイ騎士ルーク・スカイウォーカーに出会い成長していく様子が描かれていきます。

主要登場キャラ

レイレイ:エピソード7・8・9の主人公
出自が不明の女性。ゴミ漁りを生業としていたが偶然の出会いからレジスタンスに参加する事になり、やがて強力なフォースを操るようになる。

カイロレン

カイロ・レン:エピソード7・8・9のライバル
帝国軍の残党「ファースト・オーダー」の指揮官であり、ダース・ベイダーの熱烈な信奉者。
そのため自身も黒尽くめの衣装を身にまとっている。
強力なフォース(の暗黒面)の使い手。
実はハン・ソロとレイア姫の息子。

ポーダメロン

ポー・ダメロン:レジスタンスのパイロット
レジスタンスのXウイング部隊を率いる凄腕パイロット。

フィン

フィン:クローン兵士
元ファースト・オーダーの兵士。自分の任務に疑問を感じた事からファースト・オーダーを脱走しレジスタンスに参加する。

BB-8

BB-8白くて丸いロボット(ドロイド)
レイがレジスタンスに参加するきっかけとなったロボット。
かなり優秀で戦闘機の操縦サポートからハッキングまで様々な場面で活躍する。
ルーク・スカイウォーカーが隠居している場所を示す地図(の断片)もメモリに持っていた。

ルークスカイウォーカー爺

ルーク・スカイウォーカー
行方不明のジェダイ騎士最後の生き残り。
ファースト・オーダーから「帝国が滅びた最大の要因」として命を狙われており、
レジスタンスからは「銀河に平和をもたらす希望」と見られており、
双方からその行方を追われている。

レイア姫婆

レイア姫:レジスタンスを率いる将軍
エピソード4・5・6で反乱軍を率いてきた指導者の一人。
今はレジスタンスを率いてファースト・オーダーと対立する将軍。
ルークの双子の妹。カイロ・レンの母親。

スターウォーズ用語。これだけ知っていればOK

スターウォーズシリーズに登場する重要なキーワード
「フォース」「ジェダイ」
この2つだけ知っていれば、ストーリーの理解もよりしやすくなります。

フォース

フォースとは銀河の万物に宿るエネルギーのこと。
フォースを操ることができると超常的な能力を手に入れることが出来ます。

フォースによる能力は予知、テレパシー、手に触れず物体を動かす、マインドコントロール、死んだ後も霊体となって語り掛ける。などなど多岐に渡ります。

正しく自分を律することが出来ればフォースの光明面を利用することができますが、怒りや憎しみなどのネガティブな感情に囚われるとフォースの暗黒面に落ちることになります。

ジェダイ

フォースを正しく使い銀河系全体を守護する騎士のことを「ジェダイ」と呼びます。
光る剣「ライトセーバー」を使い圧倒的な力で銀河系のバランスを保つ役割を担っています。

一方でフォースの暗黒面に囚われた者のの事を「シスの暗黒卿」と呼びます。

派手なアクションシーンが楽しめればOK

スターウォーズの壮大なあらすじ、主要キャラをざっくり紹介しました。
これだけ知っていればより楽しめること間違いなし。です。

ですがストーリーを追いかけるだけでなく、ド派手な戦闘シーンの迫力やたくさん出てくる宇宙人や宇宙生物、ロボット、戦闘機などの造形のかっこよさを見ているだけでも充分楽しめるのもまたスターウォーズシリーズの魅力でもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする