おせちの意味、由来。縁起を担いで新年を祝う料理の数々

おせち

おせち料理としてお重に詰められる料理の数々。
それぞれの料理には縁起を担いだ意味がある事をご存知でしたか?

最近は中華おせちや洋風おせちなど伝統の枠に収まらない華やかなものも数多いですが(そしてどれも美味しそうですが)伝統的な純和風おせちには、ただ豪華で華やかなだけでなく、一年の縁起を願った意味がそれぞれの料理に込められているのです。

料理一つ一つの意味を知った上で食べればより一層おめでたい席になること請け合いです。

そんなおせちの定番料理に込められた意味、由来について解説します。

数の子:子孫繁栄

数の子は「ニシンの卵」。あざやかな黄色でプチプチとした食感がたまりません。
ニシン=二親(にしん)の語呂合わせと共に卵の数が多い事から「子孫繁栄」を願っています。

田作り:五穀豊穣

田作りとは片口イワシの稚魚を干して飴焼きにしたもの。
片口イワシを肥料として使った田畑が豊作になった。という逸話が由来となって「五穀豊穣」を願う一品となりました。

田作りは別名を「ごまめ」とも呼びますが、漢字で書くと「五万米」やはり五穀豊穣の願いが由来となっています。

さらに言うと、小魚とはいえ「尾頭付」で供されるため縁起の良い料理であるとされています。

黒豆:マメに働けるように。邪気払い

豆=マメの字と色の黒さをとって「黒く日焼けするほどマメマメしく働けるように」という意味が込められています。

また節分に「鬼は外」と豆を投げるのと絡めて「邪気払い」の意味も込められています。

おたふく豆:福を招く

そら豆の一種で、その形がふくよかな「おたふく」に似ているところから「おたふく豆」と呼ばれています。
「おたふく」は豊かさの象徴でもあり、また漢字では「お多福」と書くことから、福を招く縁起ものとされています。

たたきごぼう:しっかりした土台

地中深くにまっすぐ延びるゴボウの姿にあやかって、家の土台(転じて家長の健康、収入など)がしっかりしている事を願います。

紅白かまぼこ:魔除けと清浄

紅白の組み合わせは縁起の良い色であるとされていますが、その色合いを鮮やかに表現しているのが紅白かまぼこです。
紅:魔除け
白:清浄
という意味があるため、紅白が縁起が良いのです。

合わせて、かまぼこの半円形は「日の出」を連想させるものとしても縁起が良いとされています。

伊達巻:知識が増えるように

伊達巻の形が巻物に似ていることから「知識が増えますように」との願いが込められています。

ちなみに伊達巻は元々江戸時代に長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」という名前でしたが、その巻いた見た目が当時のおしゃれ人「伊達物」の着ている着物の柄に似ている事から「伊達巻」と呼ばれるようになった。といわれています。

昆布巻き:喜ぶ

こんぶ=こぶ=喜ぶ(よろこぶ)に通ずるとして(要はダジャレです)縁起が良いとされています。

栗きんとん:豊かさ。勝負運

栗きんとんの鮮やかな黄色を黄金色に輝く財宝に見立てることで「豊かさ」を表しています。

また、材料の栗は「勝ち栗」とも呼ばれ勝負事に縁起が良いとされています。

ちょろぎ:長寿

ちょろぎは漢字で「長老喜」または「千世呂木」と書き、長寿を願う食べ物とされています。

ちなみに、ポコポコした巻貝のような不思議な形をした赤い「ちょろぎ」
おせちでしか見る機会がありませんが、その正体はシソ科の植物の地下茎を梅酢につけたものです。

錦玉子:金運上昇

黄身と白身をそれぞれ固めた錦玉子。その鮮やかな黄色と白色が金銀に見立てられ、金運の願いに通じています。

また、黄色と白色の二色=にしき=錦。で「錦玉子」と呼ばれているという説もありますが、錦の字は「故郷を錦で飾る」と言われるなどおめでたい言葉です。

ぶりの焼き物:出世

ぶりは出世魚(成長と共に呼び名が変わる魚)な事から、出世を表しています。

鯛の焼き物:めでたい

たい=めでたい。の語呂合わせ。
鯛はハレの日のごちそう。一年を晴れ晴れしく迎えるためのごちそうでもあります。

エビ:長寿

長いヒゲを生やし腰が曲がっている姿から、長生きの象徴とされています。

スルメ:祝い事、縁起もの

元来スルメはしめ縄と共に飾るなど縁起を担ぐ祝い行事に欠かせない一品でした。
また「寿留女」といったおめでたい当て字もあります。

レンコン:明るい見通し

穴の開いたレンコン。穴=将来の見通しがきく。とされています。

里芋:子孫繁栄

里芋は地中で子芋がたくさん連なります。その様子から「子孫繁栄」をあやかっています。

八つ頭:子孫繁栄、出世

里芋の品種の一つ「八つ頭」も他の里芋と同様に子芋が連なりますので「子孫繁栄」の縁起ものとされています。

また「八つ頭」という名前から、人の頭となれるように=出世できるように。という願いも込められています。

さらに、八の字が使われていることから「末広がり」の縁起の良い食べ物であるともされています。

くわい:子孫繁栄。めでたい

オモダカ科の水生植物の球根「クワイ」
こちらも子球がたくさんつく様子から「子孫繁栄」の縁起ものとされています。

また大きな芽が出る様子から「めでたい」の語呂合わせにも通じています。

紅白なます:平安、平和

細切りの大根、人参の酢の物「なます」その紅白の色合いがおめでたい色であるのと同時に、細切りの形を「水引」に見立てて平安、平和を願う食べ物としています。

小肌粟着け:出世、五穀豊穣

小肌(コハダ)は成長するとコノシロに名前が変わる出世魚なのにあやかって「出世」を願います。
一緒に和えられた黄色い「粟(アワ)」は実りの黄色という意味で「五穀豊穣」を願っています。

縁起を担いで新年を祝おう!

一年の計は元旦にあり

定番おせち料理に込められた意味を知った上でいただく事で、新年の縁起をより深く楽しく担ぐことが出来るのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする