0歳児にはじめての読み聞かせ。学研「しましまぐるぐる」が娘にウケた!

絵本を読む赤ちゃん

娘が生後4ヶ月に入った頃から絵本の読み聞かせを始めました。

最初の絵本はどんなものがいいか悩みましたが、学研「いっしょにあそぼ」シリーズの「しましまぐるぐる」を選びました。

0歳児向けに様々な工夫が凝らされた絵本ですね。
「わかるのかな?」と思っていましたが、かなりいい反応を見せてくれています。

はじめての読み聞かせで見せた娘のリアクションと合わせて、「しましまぐるぐる」の紹介をします。

学研「いっしょにあそぼ」シリーズがおすすめな理由

学研といえば学習教材のイメージでしたが、0歳児向けの絵本も手掛けているんですね。

「いっしょにあそぼ」シリーズは0歳児から対象にしているはじめての絵本に最適なシリーズです。
さすが学習教材を扱っているだけあって、赤ちゃんの脳の分析に基づいたとても計算された絵本だということがわかります。

学研の「いっしょにあそぼ」シリーズの本に書いてある情報によりますと、生後6ヶ月未満の赤ちゃんでも、白黒などコントラストの強い配色の絵や、目と口がある顔の絵に注目するそうです。
こうした目からの刺激によって、物を見るという体験が積み重ねられていくのだそうです。

私が最初に買った絵本は『しましまぐるぐる』です。

結構有名な絵本のようですね。確かに、配色がはっきりしています。
「しましま」と「ぐるぐる」が可愛い絵本です。
ページに穴が開いていて、そこから顔がみえるようになっているなどの工夫もおもしろいです。

赤ちゃん用の絵本ということもあって、絵本自体にもいろいろと工夫されています。
赤ちゃんがケガをしないように、1ページの厚さが1mm以上あり、角も丸くカットされています。
舐めたり汚したりしても大丈夫なようにPPフィルム加工がされています。多少なら舐めても大丈夫そうです。
(ただし、長時間舐めているとさすがに浸み込んでしまいそうです。)

読んであげるママにとっても素敵な工夫があります。
赤ちゃんをひざに抱っこして読むのにちょうどいいサイズだと思います。
大きすぎず、小さすぎず読みやすいです。
また、1ページの厚さがかなり厚いため絵本そのものの厚さも2cmほどあるのですが、背表紙がとても工夫されているため、めくりやすくなっています。

生後4ヶ月の娘、はじめての絵本読み聞かせ!

さて、初めての絵本は4ヶ月になった誕生日の日でした。

ひざに座らせて表紙を見せると、じっと見つめて興味津々!
早速表紙を開くと・・・絵本のイラストよりも「絵本が開く」ということに興味を持ったようで、自分で表紙をぱたんと閉じてしまいました。

もう一度開くと、すぐにまたぱたんと閉じる。
しばらく様子を見てみると、表紙を開けたり閉じたりしながらニコニコ!
どうやら絵本の動きが気に入った様子でした。

ここで前に述べたページの厚さが役に立ちます。
紙がしっかりしているので赤ちゃんでもページを開け閉めできるんですよ。
ここからしばらくの間は本の開け閉めだけで終了していました。
絵本というよりもおもちゃでした。(笑)

読み聞かせは楽しい!

そこから3日ほど経つと絵本のイラストにも興味を持つようになりました。
顔のイラストを見てはニコニコご機嫌にしています。

あとは、「ぐるぐる」という効果音もおもしろいみたいですね。
私が「ぐるぐる」言っているとキャッキャと笑っています。

相変わらずページの開け閉めは楽しいようですし、我が家の読み聞かせタイムは充実しています。

この学研の「いっしょにあそぼ」シリーズは他の絵本も出ています。
どれも分かりやすい、可愛いイラストの絵本です。

私はこのほかに『あかあかくろくろ』と『ぶんぶんきいろ』を買いました。
娘はどれもお気に入りです。

あとは、『しましまぐるぐる』の布絵本もあります。
舐めたりが心配な方や、外へ持っていく場合は布絵本も便利そうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする