アパヴィラホテル金沢片町レビュー。広い部屋のビジネスホテルで快適

アパヴィラホテル金沢片町06セミスイートC居室

アパヴィラホテル金沢片町は、アパホテルグループらしからぬ広く快適な居室で、金沢で宿泊するビジネスホテルの中ではかなりおすすめです。

とにかく部屋が広い!
片町の中心にあって色々便利な立地
手頃な料金

とオススメポイントが色々ありますので、写真と共に紹介しますよ~

とにかく部屋が広い!

アパヴィラホテル金沢片町06セミスイートC居室

アパヴィラホテル金沢片町の一番オススメポイントは、なんといっても
部屋が広い!
ということです。

いわゆる一般的なビジネスホテルは素泊まりで「寝るためだけの場所」という使い方をするため、広々した部屋はあまり期待できないですよね。アパホテルグループのホテルもほとんどが
「部屋が狭い」という印象です。

ですが、アパヴィラホテル金沢片町は部屋が広い!

今回宿泊したのはグレード高めの「セミスイートC」という部屋ですが、部屋奥に配置されたベッドの手前に、4人掛けほどのソファのある広々としたリビングスペースが広がっています。

アパヴィラホテル金沢片町07セミスイートCソファ

イメージ的には一般的なビジネスホテルの居室にプラス6畳ほどのリビングスペースがくっついている感じでしょうか。
この空間の余裕はリラックス度がかなり高いです。とても快適!そして贅沢!

アパヴィラホテル金沢片町08セミスイートCTV

また、部屋が広いのでリビングスペースに1台、ベッドサイドにもテレビが1台、計2台もテレビが設置されています。

部屋が広いとスーツケースを広げて荷物を整理するのも楽に出来るのが嬉しいですね。

空調、空気清浄機、収納、香ばしい本など

空調は部屋で快適に過ごすための重要なポイントですよね。

空調の制御は部屋中央の制御パネルから行えます。
温度設定はけっこう反応が早いと感じました。

アパヴィラホテル金沢片町12セミスイートC空調

また、空気清浄機も置いてあります。

収納は玄関廊下脇全面に広がっていてかなりの大容量です。

アパヴィラホテル金沢片町セミスイートC15玄関

玄関スペース。右側は全て収納。

通信環境としては、アパホテルの無料Wi-Fiが使えます。
PCレンタルもあります。

アパヴィラホテル金沢片町13セミスイートCWiFi

また、アパグループの会報誌や自伝マンガ、アパ代表の著書など、かなり香ばしい内容の本が置いてあるのもポイント高いです。

アパヴィラホテル金沢片町14セミスイートC書籍

もう一つおまけ情報として、チェックインすると「アパ社長カレー」を1つもらえます。
「私が社長です!」でおなじみの帽子がトレードマークの元谷芙美子社長の顔写真がジャケットデザインのレトルトカレーです。

アパ社長カレー

洗面等水回り

部屋真ん中の扉を開けると洗面台、トイレ、お風呂といった水回りになります。
冷蔵庫や電子レンジ、電気ポットなどもこちらに一通り揃っています。

アパヴィラホテル金沢片町09セミスイートC水回り

左手に洗面台、奥にトイレ、右手奥がお風呂。

洗面台は鏡が大きく右側面まで広がっていて使いやすいです。
アメニティ(歯ブラシ、カミソリ、綿棒など)も個包装で2つずつ用意されています。
ドライヤーも当然完備。

アパヴィラホテル金沢片町10セミスイートC洗面台

アパヴィラホテル金沢片町11セミスイートCアメニティ

風呂トイレは別々です。

トイレはいたって普通

お風呂もいたって普通ですが浴室広め。
シャワーの水圧が弱いのは残念ポイントです。

大浴場を使いたい人向けに、道を挟んだ向かいにある「アパホテル金沢中央」の屋上露天大浴場も無料で使えます。

元々はマンションだった

アパヴィラホテル金沢片町01エントランス

なぜこんなにアパヴィラホテル金沢片町の部屋が広いのか?

それは元々マンションだった建物をホテルに転用しているからなんですね。

単身者向けのワンルームマンション(おそらくキャバ嬢など飲食店従業員の寮としての利用が多かったはず・・・)をホテルに転用しているので、部屋が広いのです。

たしかに部屋の作りや、フロアの中央が大きく吹き抜けになっているなど、ビジネスホテルらしからぬ構造です。

アパヴィラホテル金沢片町03吹き抜け天窓

アパヴィラホテル金沢片町04吹き抜け見下ろす

片町の中心にあって色々便利な立地

アパヴィラホテル金沢片町をオススメする2つ目のポイントは、立地の良さです。

金沢駅からすこし離れた(歩けないこともないけどバスを使った方がいい)金沢一の繁華街、片町のど真ん中にあり、バス等交通の便もよく、観光地にもかなり近いです。

  • 兼六園
  • 金沢城址公園
  • 21世紀美術館
  • 近江町市場
  • 長町武家屋敷跡
  • 忍者寺(妙立寺)

ぱっと思いつくだけでも以上の観光地に全て歩いていけます。
金沢の観光地を巡るなら駅近辺のホテルよりも便利です。

また、観光地を巡る周遊バスも片町を通ってますので、東茶屋街などにも簡単に行けます。

実は僕もヨメさんも石川県出身なので元地元民なのですが、実家に帰ったついでに片町のホテルにも1泊~して毎回地元友達と朝まで飲み歩いています。

  • 片町
  • 新天地
  • 美食街・・・党

そのために片町に泊まるのが便利なので、アパヴィラホテル金沢片町を常宿にしています。

手頃な料金

これだけ広い部屋がほぼ他のビジネスホテルと同水準の料金で泊まれてしまうのは嬉しいポイントですね。

道を挟んだ向かいにある「アパホテル金沢中央」と比べてもあまり変わらない料金設定です。

ちなみに今回泊まった「セミスイートC(2名1室)」は水曜日(祝前日)で約16000円でした。
※もちろん曜日や季節、イベント等で料金変動があるのでいつもこの料金ではありません。

せっかくなら広い部屋で快適に過ごしたい

素泊まりで寝るだけの場所。だから狭くても平気。料金をなるべく抑えたい。
という人にはオススメしませんが、

素泊まりでもせっかくなら快適に過ごしたい。

と考えるなら、アパヴィラホテル金沢片町はオススメできるホテルです。

それほど変わらない料金で便のいい高立地の広いリビング付きの部屋を使えるのはやっぱりお得なんじゃないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする