離乳食始めました!初めてのおかゆチャレンジ!離乳食教室にも参加しましたよ

離乳食を食べる赤ちゃん

いろいろなイベントが落ち着いた生後5ヶ月頃。
ついに離乳食が始まります!ミルクからステップアップです!

離乳食教室に参加して感じたメリット。
はじめての離乳食を作ってみた感想。
はじめて離乳食を食べた娘の反応。
などなどリポートします。

離乳食教室で実践してみる。

最近では、市区町村の保育センターや産院など、さまざまなところで「離乳食教室」が開催されているようですね。
私は市の保育センターで行われる離乳食教室に参加しました。

この離乳食教室は、

  • 生後5~6ヶ月
  • 7~8ヶ月
  • 9~11ヶ月
  • 1歳~1歳6ヶ月

の全4回の教室なのですが、この4回の内容を1日で行うダイジェスト教室も行っています。

私は旦那くんの休みがちょうど合ったので、ダイジェスト教室に旦那くんと一緒に参加してきました。

離乳食を始める目安としては、

  • 5~6ヶ月頃
  • 授乳のリズムが整っている
  • 首がすわり、背中を支えると座ることができる
  • 唾液が出ている
  • 家族が食事をしていると興味を示している
  • おもちゃを口に入れ始める

の6つがあります。

最近、娘は私がごはんを食べているのをじっと見つめていることが多くなりました。
さらに、おもちゃを手当たり次第に口に入れているので、始める目安はクリアです!

離乳食教室では、知識や心持ちの講座だけでなく、実践と試食もあったので本当によかったです。
本やネットの情報では、見た目はわかりますが、実際にどうやって作るのか、どのくらいの柔らかさなのか、どのくらいの味なのかが、やはり分かりません。

実際にやってみて、保健師さんに「それでOK」と言ってもらえると安心感と自信が持てるので参加して本当によかったです。

離乳食「10倍がゆ」を作ってみた

離乳食は「10倍がゆ」からスタートです。
10倍がゆは、米1:水10で炊いたおかゆのことです。
炊いたご飯で作るなら、ご飯5:水5でOKです。

小鍋に米と水を入れて、米が割れてトロトロになるまで炊きます。
さらに、それをすり鉢に入れて、米粒がなくなるまですり潰します。

すり鉢で潰すのが、意外と労力がかかります。
10倍がゆだと、お湯にご飯が入っているような状態なので、米粒を狙って潰すのが大変なのです。

しかし、娘のために根気よくすり潰して、米粒がなくなったら完成です!

娘、はじめての離乳食!

いよいよ娘に初めてのおかゆをあげてみます!
最初の3日間は小さじ1杯(5ml)しかあげませんので、ほんのちょっとでおしまいです。

ドキドキしながらおかゆが入ったスプーンを差し出すと、娘はおもちゃだと思ってニコニコしながら口に入れました。
しかし!
次の瞬間「うぇ~」という声が聞こえてくるような、歪んだ表情に変わり、口からおかゆが出てきて・・・。
初めてのおかゆは終了です(笑)

もう一度食べさせてみようかとも思いましたが、離乳食教室で何度も保健師さんが言っていた
「機嫌がいいときに楽しく食べさせる。食事は楽しいものだと学習させることが大切。」
という言葉を思い出してやめました。

「焦らず!少しずつ!」が大切ですね。

私と娘の初めての離乳食は全部口から吐き出して終わりましたが、それから少しずつ食べられるようになり、2週間後には小さじ3杯(15ml)ほど食べられるようになりました。

「焦らず!少しずつ!」が大切ですね。

おかゆは毎回作るのは大変ですから、まとめて作って冷凍しておくとラクチンですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする