お宮参り【当日編】写真スタジオで娘を可愛く撮ってもらってウキウキだった話

お宮参り

いろいろ調べて準備をしたうえで、ようやく迎えたお宮参り当日!
天気もよくてお宮参り日和となりました。

当日は娘の機嫌なども考えて
写真スタジオで撮影~神社でお宮参り
といったスケジュールを組みました。

可愛い衣装で着飾った娘にウキウキしたり、プロのカメラマンはやっぱりすごいなあ。とプロの技に感心したり、楽しくお宮参りの一日を過ごせました。

今回は、主に写真スタジオでの撮影レポートを中心にまとめていきたいと思います。

撮影スタジオでプロの技に感心する

お宮参り当日は、写真撮影の予約を12時に入れ、撮影後に神社にお参りする予定を組みました。

いい写真を撮るためには、とにかく娘の機嫌が第一です!
できる限りご機嫌がいい状態でスタジオに連れて行けるように、撮影を先にセッティングしました。

撮影当日は、特別な準備は必要ありません。
赤ちゃんの服装も指定もありませんでしたが、ベビードレスでの撮影を予定している場合は、丸首・袖なしの肌着を着ていくといいかもしれません。
襟や袖から肌着が見えてしまうかもしれないからです。

お宮参りの写真撮影と合わせて家族写真の撮影を行う場合は、パパ・ママの服装を事前に確認しておいた方がいいです。
特に、ママは産後で体形が完全に戻っていないと、持っている洋服が入らなかったり、似合わなかったりするかもしれません。
ママにとっても記念の写真ですから、素敵に撮影できるように準備しておきましょう。

衣装選び~可愛い娘にウキウキ

写真スタジオに着いたら、撮影プランの確認をして、さっそく衣装を選びます。
ズラッと並んだお宮参り衣装!何着でも着られるとのことでしたが、祝い着2色(赤とオレンジ)と白いベビードレスの3着を選びました。

衣装を選んだら、撮影場所のセッティングです。
祝い着での撮影の際には、略式の命名書と一緒に撮ってもらえます。
ベビードレスのときは、天蓋カーテンを使ってお姫様雰囲気で撮影してもらえます。
いろいろな小道具で娘を可愛くしてくれるので、私も旦那くんもウキウキです!

撮影はスピード勝負!プロの技を見た!

セッティングが済んだら、すぐ撮影です。
娘の機嫌がいつ悪くなるかもわかりませんので、ご機嫌なうちのスピード勝負!
特に赤ちゃんだけの撮影の際には、ひとりでベビーチェアに座らなければなりません。

娘は比較的どこに行っても動じないタイプであまり泣いたりしないのですが、ひとりでベビーチェアに座らされている間は終始真顔でした(笑)
特に、帽子をかぶらされるのがお気に召さないようで、帽子をかぶっているあいだは口をへの字にして不満顔…。

しかし、カメラマンもさすがはプロ!
鈴やおもちゃを駆使して、しっかり娘の目線をカメラに向けさせ、笑顔の写真を撮影してくださいました。

スタッフの方に話を伺うと、赤ちゃんによっては泣いてしまってなかなか撮影が進まないことも多いそうです。
かといって、寝てしまっても撮影ができないので、お宮参りの写真撮影が一番難しいそうです。

スタジオマリオでは、撮影中の家族のスマホでの写真撮影はNGでしたが、動画撮影はOKだったので、私はひたすら動画を撮っていました。
家に帰って動画を見てみると、娘を笑顔にするために娘の名前を連呼する私とスタッフさんの声が爆音で入っていてなかなか面白かったです(笑)

写真選びもスムーズです。

写真を一通り撮り終えると、次は写真選びです。
今回は写真が7枚入るアルバムを選んだので、100枚ほどの写真の中からベストの7枚を選ばなければなりません!
「こりゃ大変だな」と思いましたが、そこはスタッフさんがうまくサポートしてくださいました。

パソコンを使いながら、スタッフさんが2枚の写真を並べて表示してくださり、比較して「どちらの写真がいいか」を選んでいきます。
2択の選択を繰り返していくことで、最後まで残った写真をベストショットとしてスムーズに選ぶことができるのです。
おかげで思ったほど時間もかからずにベストの7枚を選ぶことができました。
最後に、この7枚の配置を実際のアルバムに当て込みながら決めていき、完成イメージを確認したら終了です。

今回のお宮参り撮影は、写真7枚が入るアルバム+データ購入で30,000円程でした。
特典として、写真を透明のプレートで加工した「クリスタルプレート」を無料でプレゼントしていただけたのはお得でしたね。
ちなみに、写真の受け取りは撮影から2週間後でした。

お宮参りでは娘爆睡・・・。

さて、写真撮影のあとは神社へのお宮参りです!
しかし、写真撮影だけでもかなり大変だったので、神社についた頃には娘爆睡・・・。

スタジオマリオから撮影特典で祝い着の着物を無料レンタルしてきましたが、あまり活躍できませんでした。
でも、祝い着を着ながら神社にお参りすると、それだけで特別な感じがあってとてもよかったと思います。

神社で祝詞をあげてもらう予定であれば、写真撮影と神社へのお参りは別日でもいいかもしれません。
赤ちゃんのご機嫌が最優先になりますので、余裕をもって計画を立てるといいと思います。

やっぱりお宮参りは特別な日

赤ちゃんとの生活に追われる日々の中で、改めて赤ちゃんの誕生をお祝いできるお宮参り。
私自身、お宮参りをしたことで改めて娘が無事に生まれてきてくれたことに感謝する気持ちを確認できたように思います。

また、お宮参りは家族が集まって、赤ちゃんと一緒にゆっくり時間を過ごせる機会になります。
ぜひ、赤ちゃんを囲んで有意義な時間を過ごしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする