お宮参り【準備編】いつ?どこにお参りする?初穂料は?写真はどうする?

お宮参り

慣れない赤ちゃんとの生活に追われていると、あっという間に毎日が過ぎていきます。
やっと赤ちゃんとの生活に慣れた頃にやってくるイベントが「お宮参り」です。

今回は我が家のお宮参りを「準備編」「当日編」に分けてレポートしたいと思います。

神社へ参拝する日取り、そして写真撮影のスタジオ予約で調べてみてはじめて分かった事をシェアしますね。

お宮参りとは。神社への参拝方法。日取りなど。

お宮参りとは、生まれた土地の氏神様に赤ちゃんが産まれたことを報告し、今後の健やかな成長を祈念するための行事です。

生後31日頃に、近くの神社に参拝するのが一般的なようですが、地域によって異なることもあるようです。

神社への参拝はお賽銭を入れてお参りするだけでも構いませんし、予め神社に予約を入れておけばお祓いを受けて祝詞をあげてもらうこともできます。

祝詞をあげてもらう場合は初穂料(五千円~一万円ぐらいが相場らしいです)が必要になりますので、予め家族でどのようにお参りするか話し合っておくといいと思います。

体調が第一だから、我が家は生後3ヶ月後にお宮参り

さて、我が家のお宮参りはというと・・・生後3ヶ月の少し涼しくなってきた9月にお宮参りをすることにしました。

というのも、娘が生後1ヶ月のときは真夏だったため
「まだ首も座らないフニャフニャの赤ちゃんを炎天下に長時間連れ出すなんてムリ!ムリ!」と判断したからです。

お宮参りの神社も特にこだわらず、家の近くにある神社を参拝することにしました。
何より娘の体調が一番大事ですから。あまり遠い神社に連れて具合が悪くなっては元も子もありませんし。

祝詞などもあげてもらわないことにしたので、事前予約も行いませんでした。

写真スタジオについて調べて分かったこと。

さて、お宮参りで一番悩んだのが写真撮りです!

お宮参りで神社へ参拝する際、赤ちゃんには祝い着(着物)をかけるのが伝統的ですね。
祝い着をかけた赤ちゃんと神社で撮った写真は、一生の宝物になるに違いありません。
かわいい祝い着を着る記念の写真ですから、しっかり形に残したいです。
だから、どうせならプロのカメラマンにお願いしたい!と思って写真スタジオを予約する事にしました。

でも調べてはじめて分かったんですけど、写真を撮ってもらうのって、結構ないいお値段がかかるんですね・・・。
「可愛い我が子(おじいちゃん、おばあちゃんからしたら可愛い孫)のためならいくらでもお金をかけたい!」
と思うのは当然ですが、「節約できるなら節約したい」というのもまた現実です。

写真スタジオの料金の仕組み

事前にたくさんの写真スタジオの情報を調べて、比較しました。
写真スタジオの料金システムって、すごくうまくできているんですよね・・・。

最近の写真スタジオでは、以下のようなサービスは当たり前になってきています。

  • 格安の撮影料(3,000円程度)
  • 衣装は何種類着てもOK
  • 撮影枚数は無制限
  • 撮影予約をするとお宮参り時の祝い着のレンタル料無料

「こんなにサービスばかりで何にお金がかかるの?」と、最初は私も思いました。
実は、撮影自体にはほとんど料金がかかりません。
昔と違ってデジカメで撮影するので、フィルム代がかかりませんし、何枚撮影してもコストは変わらないのです。
では、何にそんなにお金がかかるのか?
それは写真とデータをもらうのにお金がかかるのです。

写真スタジオのメイン商品はアルバム(もしくはフォトフレーム)で、撮影した写真を選んだアルバムに入れ込んで受け取ります。このアルバムが結構な金額なのです。

アルバムに入れる写真が増えるほど金額は高くなります。
また、写真のサイズが大きくなるほど、これまた金額が高くなります。

さらに悩ましいのが、写真データの購入です。
写真のデータは、年賀状などに使ったりもできますし、やっぱりほしいですよね。

データの購入(DVDに入れる)は、5,000円が相場です。
しかし、ここで問題なのは「アルバムに入れた写真のデータしかもらえない」ということです。

例えば、写真が3枚入る12,000円のアルバムを選んだ場合、もらえるデータはアルバムに入れた3枚の写真のみになります。

写真が12枚入る42,000円のアルバムを選べば、アルバムに入れた12枚のデータがもらえます。
同じデータ購入料(5,000円)でも、もらえるデータ枚数は異なります。
つまり、写真データをたくさんもらうには、写真がたくさん入るアルバムを選ばなければならず、おのずと合計金額が高くなるのです。
ちなみに、データだけを購入するサービスがある写真スタジオはあまりありません。
実にうまいシステムです(笑)

写真スタジオによっては、当日の写真撮影の様子を家族がスマホで撮影することを禁止している場合もあります。
サービスやシステムが異なりますので、何に重点を置くかを相談しながら写真スタジオを選ぶといいですね。

結局、私は『スタジオマリオ』にお宮参りの写真撮影の予約を入れました。
『スタジオマリオ』は『カメラのキタムラ』が全国展開している写真スタジオです。
いろいろ比較した結果、中間価格帯(20,000円前後)の商品が充実していたのがとても魅力的でした。

こうしてお宮参り当日を待つばかりとなりました。
お宮参り当日のレポートは、【お宮参り・当日編】でお届けします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする