赤ちゃんが生まれて最初のイベント「お七夜・命名式」を楽しもう

命名紙

赤ちゃんが生まれたら最初に行う行事が、生まれて7日目に行う「お七夜・命名式」です。

我が子の誕生を祝い、名前を授けて、健やかに成長してくれることを願う。大事な行事です。

大切な我が子のためにイベントごとはきちんとやってあげたいですよね。

我が家も「お七夜・命名式」をお祝いしましたので、その時に感じた事や気付いた事などをシェアします。

お七夜は体調を見て負担にならないように

お七夜とは赤ちゃんとその名前を、家族や地域の皆さん、その土地の産土神(うぶすながみ・土地の神様)にお披露目するお祝いの日で、日本に古くから伝わる風習です。

その起源ははっきりと分かってはいない(平安時代にはすでに行われていたとも。諸説あるようです。)ですが、今のように医療が発達していない時代には産まれてすぐに命を落とすことも珍しくなかったため、産まれて7日間を無事に過ごせたことをお祝いするために行われるようになったと言われています。

お七夜は赤ちゃんが産まれた日を1日目として、7日目の夜に行うとされていますが、帝王切開での出産の場合や、赤ちゃんとママの体調によってはまだ入院中であることも多いので、厳密な日数よりも赤ちゃんとママの状況を第一に見て行った方がよいとされています。

私も帝王切開での出産だったので、7日目はまだ入院中・・・。
我が家のお七夜は退院後の最初の日曜日に行いました。

お七夜の食事は、尾頭付きの鯛やお赤飯などお祝いに適した料理を用意するのが一般的なようですが、準備や片づけなどママの負担にならないように出前やお寿司などでもいいと思います。

もしくは、退院してすぐの頃に行うことが多いと思いますので入院中ママが食べたかったものを食べるのもいいかもしれませんね。

命名式で名前をお披露目。こだわりの命名紙を選ぼう

お七夜の中でもハイライトとなる大事な儀式が、我が子に名前を授けて披露する「命名式」です。
赤ちゃんの名前を命名紙に筆で記し、お披露目します。

正式には、巻物状の奉書紙に、親の名前・続柄、赤ちゃんの名前・生年月日、両親の名前、命名した日付を筆で記入しますが、なかなか大変そうです・・・。

なので略式の命名紙が文房具店やベビー用品店で購入することができたり、専用サイトから作成して印刷することもできます。

柄や色合いもたくさんの種類がありますので、こだわりたい方はいろいろお気に入りのものを調べてみるといいかもしれませんね。

オーダーメイドの命名紙を製作しているネットショップも多くあります。

相田みつをのような個性的な毛筆で命名紙を製作してくれるショップや、赤ちゃんや両親の名前を使ってオリジナルの詩を作って命名紙を製作してくれるショップなどもあります。

ただひとつ注意したいのが、ネットショップでの購入の場合は手元に届くまでに時間がかかることです。
「命名式までに届かなかった」ということのないように、ぜひ気を付けてください。

ちなみに我が家は、赤ちゃんの足形を一緒に残せるものを選びました。
最近では、赤ちゃんの手足を汚さない透明インクの手形キットも市販されていますよ。
いろんな形で赤ちゃんの誕生をお祝いすることができますね。

最初のイベント、無理せず楽しもう

お七夜は、出産後すぐにやってきます。

退院してすぐ、赤ちゃんとの生活になれないうちに行うイベントですので、赤ちゃんにとってもママにとっても無理のない範囲で行うのがいいと思います。
地域ごとの風習の違いなどもありますので、事前に調べておくといいでしょう。

また、里帰り出産のママは、パパと一緒にお祝いできる日程を調整しておくといいですね。

赤ちゃんの名前をお披露目する大切なイベントですから、想い出に残るような時間を過ごしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする