サメの心臓「モウカの星」は完全にレバ刺しだった!@上野アメ横「魚草」

モウカの星アイキャッチ

「モウカの星」は完全にレバ刺しでした。

宮城県気仙沼のあたりだけでしか流通していない珍食材「モウカの星」

先日たまたま上野アメ横の露天立ち飲み店で見つけて食べてみたら、懐かしの味「レバ刺し」と味がほぼ一緒で、最高に美味しかったのと同時に懐かしい気持ちになって感動しました。

上野アメ横は油断ならない街

豊富な品揃えの中でしれっと他でなかなかお目に掛かれない珍食材を売っていたりする油断ならない街、上野アメ横。

先日訪れた(吉池鮮魚店で物色してからアメ横センタービルでバロットを買った)際にたまたま通りがかった露天の立ち飲み屋台に見慣れない「モウカの星」という文字が。

上野アメ横「魚草」軒先品書き

モウカの星?
モウカってなんだ?
海のレバ刺し???

立ち止まって軒先の品書きを見ていたら、呼び込みのお兄さんに声をかけられました。

「滅多に入らないんでぜひ食べてってくださいよ!レバ刺しみたいで美味しいですよ!」

珍食材に目がないワタクシ。
「滅多に入らない」という言葉はなかなか魅力的です。
また、食べられなくなってから久しい大好物「レバ刺し」という単語も僕の気持ちを大きくゆさぶられて、まんまと引っかかってしましました。

モウカの星とは。

モウカの星とは、サメの心臓のことでした。

太平洋北部海域に広く生息しているネズミザメ。またの名をモウカザメ。

宮城県気仙沼で水揚げされて心臓を捌いたものが「モウカの星」として流通しているそうです。

ネズミザメ(鼠鮫、学名:Lamna ditropis、英名:Salmon shark)は、ネズミザメ目ネズミザメ科に属するサメ。
地方名でモウカザメ、カドザメなどとも呼ばれる。
全長3 m。太平洋北部の亜寒帯海域に生息する大型の捕食者である。

~中略~

日本国内においてはそのほとんどが気仙沼港に水揚げされ、気仙沼での水揚げ量はヨシキリザメに次いで多い。

サメ類の中では比較的アンモニア臭が少なく食用向きとされ、肉が切り身や魚肉練り製品の原料として消費されるほか、心臓はモウカの星とよばれ刺身や酢味噌和えにされる。
またふかひれも採取される。

栃木県では切り身を「もろ」と称して販売することが一般的で、スーパーマーケットや鮮魚店の店頭にもよく並ぶ。
比較的安価で調理しやすい食材として人気が高く、主に、煮付けやフライなど、加熱して食べる。

wikipedia「ネズミザメ」の項より引用

気仙沼のあたりでは鮮魚店で普通に売られているらしいんですが、他地域にまで出回っていないので「幻の食材」なんて言われ方もしています。

なぜ他地域に流通していないのかはナゾですが「見た目がグロテスク」なのと、もしかしたら保存が難しい、足が早い等の流通に不向きな食材なのかもしれません。
※サメ等軟骨魚類は体内にアンモニアを含んでいるので臭いがきつい場合が多い。

モウカザメ自体は年中水揚げされているので旬らしい旬はないそうですが、しいて言うなら8月~11月頃のものが一番だそうです。

「モウカの星」は気仙沼のあたりでは昔から食べられていた食材で、低カロリー、高タンパク、脂質および炭水化物がゼロ、鉄、亜鉛、ビタミン12が豊富で、「長寿の源」とまで言われて親しまれています。

主に刺身で食べられ、気仙沼のあたりでは「酢味噌」で食べるのが主流のようですが、「わさび醤油」も当然合いますし、レバ刺しのように「ごま油と塩」で食べるのも人気だそうです。

また「生食はちょっと・・・」という場合はスライスしたものを塩コショウで焼いても美味しいとのこと。

※上記情報は気仙沼魚情報.com「さめの心臓」を参照しました

上野アメ横「魚草」で実食。ほんまにレバ刺しやあ!

上野アメ横「上草」外観

上野アメ横で「モウカの星」を出しているお店「魚草」さん。

「三陸の海の幸をお届けする」と看板に掲げている海鮮メインの立ち飲み屋さんです。

「刺し盛+酒 1000円」
「生かき2p+酒 1000円
「たらば脚てんこ盛り 1000円」

など、なんとも魅力的なお品書きがぶら下がっている素敵すぎるお店です。

呼び込みのお兄さん曰く、モウカの星は「滅多に入らない」らしいですが、今日はたまたま入っているのでオススメしているとの事。

500円を払ってお兄さんにオーダーするとすぐに、スチロールの皿に盛られて出てきます。

モウカの星

「塩とニンニクで食べてください。」
と言われるように、皿の隅っこにはあらかじめ粗塩とニンニクがちょこんと盛られています。

「レバ刺しみたいで絶品ですよ!」
とお兄さんが言うとおり、まず見た目がレバ刺しそっくりです。小ぶりのレバ刺し。

臭いはありません。生臭さは一切なし。

まずは塩を少しだけ乗せて一切れいただきます。

・・・

何これ!完全にレバ刺しでしょ!

味も食感も、僕の記憶にあるレバ刺しとほぼ同じです。

ねっとりとした食感。濃いい味わい。後引く美味さ・・・

牛の肝臓とサメの心臓は同じ味わいだったんですね!

続いてニンニクを少し乗せていただきましたが、こちらもまた美味!

新たな食材との出会いと、懐かしい味に出会えた気がした嬉しさで、興奮のうちに一皿ぺろっといただきました。

冷凍でなら通販も出来る。

気仙沼でしか流通していない「モウカの星」
冷凍ならばネット通販も可能でした。

捌き方も写真で丁寧に説明されているので、機会をみて僕も買ってみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする