WordPress Related Postsの使い方設定方法全解説

WPRPイメージ

WordPress Related PostsはWordpressで関連記事を表示させるためのプラグインです。

関連記事が表示されると、ブログを訪問した人に次々記事を読んでもらえて滞在時間が延び、満足度がアップすると同時にSEO的にも良い効果があります。

関連記事を表示させるプラグインはいくつもありますが、Wordpress Related Postsは中でも人気のプラグインの一つです。

設定項目が多くないので導入が簡単で使いやすく、また他のプラグインにない機能(関連記事の手動設定)が選ばれている理由のようです。

そんな関連記事表示プラグイン「Wordpress Related Posts」の使い方を全て解説します。

WordPress Related Postsの特徴と欠点

WordPress Related Postsには以下の特徴があります。

  • 設定がシンプルで簡単
  • 関連記事の表示レイアウトを選べる
  • 表示レイアウトをCSSでカスタマイズ出来る
  • 記事毎に関連記事を手動で設定することができる

特に他のプラグインにはない珍しい機能「関連記事の手動設定」が好評で「Wordpress Related Posts」が選ばれる理由の1つとなっています。

WordPress Related Postsの欠点

一方で僕が感じた欠点は

  • 関連記事の自動選定は精度が低い
  • 自動選定の精度を上げる設定方法がない

他の関連記事表示プラグインにはよくある、関連の重要度を判定する基準(カテゴリやタブ、本文中の単語など)を設定する項目がWordpress Related Postsにはありません。

使ってみた感触としては、同一カテゴリの中でランダムに表示させている程度にみえますので、関連記事を自動選定する精度は全く高くないです。

以上を踏まえると、Wordpress Related Postsは

  • シンプル簡単設定で関連記事表示を導入したい方
  • 関連記事の表示レイアウトにこだわりたい方
  • 手動で1つ1つ関連記事を設定する機能が必要な方

にオススメのプラグインだと思います。

WordPress Related Postsの使い方。設定項目全解説

WordPress Related Postsはインストールするとすぐに使い始めることが出来ます。
特に設定等を行わなくても、インストールするとすぐに記事下に関連記事が表示されるようになりますので、特に問題がなければそのままで設置は完了です。

※インストールの方法を知りたい場合はこちらを参考にしてください。
WordPressプラグインのインストール方法
なお、サーバ側にインストールされているPHPのバージョンが低すぎると、Wordpress Related PostsをインストールするとWordpress全体がダウンしてしまうトラブルが発生します。
PHPのバージョンが5.4以上であれば問題ないので、心配な方はサーバ側で確認してからインストールしましょう。

そのままでも充分使えるWordpress Related Postsですが、設定を変更することで表示方法や表示位置などをカスタマイズすることが出来ます。

設定項目は英語ですが、それほど多くもなくシンプルなので分かりやすいです。
以下、各設定項目を解説します。

Subscribe to news and activity reports

WPRP01top

設定画面の上部、Eメールを記入する部分がありますが、ここは空欄のままでOKです。
Eメールを記入すると、外部からブログにリンクが張られた時に通知を受け取れるようになるとの事です。

Amazing new feature – Upload your history of posts

「Upload my articles to Sovrn」と書かれたボタンは使途不明なので触る必要ありません。

ボタンをクリックすると、Sovrn networkと呼ばれるプラグイン提供元のサーバに記事データがアップされるらしいのですが、アップしたところでどのような効果があるのかは説明文からは読み解けずイマイチ不明です。

実際ボタンを押してアップしても特別何かが変わった印象はありませんでした。

Basic settings

Basic settingsでは関連記事表示のタイトルと表示記事数を設定できます

WPRP02BasicSettings

Related Posts Title:
こちらのフォームにタイトルを記入します。
「おすすめ記事はこちら」などわかりやすいタイトルに打ち換えてしまいましょう。

Number of Posts:
関連記事をいくつ表示させるかを設定できます。
10記事程度が一般的とされています。

Advanced settings

Advanced settingsではさらに突っ込んだ設定を行えます。
最初は隠れていますが、右側の下向き三角▼をクリックすると設定項目が表われます。

Themes

WPRP03AdvancedSettingsThemes

Enable Themes*
ここのチェックは外さないこと。
チェックを外すとテーマ選択が出来なくなります。

Layout
8つのテーマから表示レイアウトを選ぶことが出来ます。
右側のサムネイルで確認しながら選べるので分かりやすいです。

Momma
WPRP03-1Momma
Modern
WPRP03-2Modern
Vertical (Large)
WPRP03-3Vertical (Large)
Vertical (Medium)
WPRP03-4Vertical (Medium)
Vertical (Small)
WPRP03-5Vertical (Small)
Pinterest Inspired
WPRP03-6Pinterest Inspired
Two Columns
WPRP03-7Two Columns
Plain (your own css)
WPRP03-8Plain (your own css)

この選択肢はCSSで独自のデザインを組み込むためのものです。
自由度が高いですがCSSを使いこなせない場合はハードルが高いです。
こちらを使う場合は後述の「Enable custom CSS」にもチェックを入れてください。

Customize

さらに細かいカスタマイズを行うセクションです。

WPRP04Customize

Display Thumbnails For Related Posts
記事サムネイル画像を表示するチェックです。

Display Number of Comments
記事についたコメント数を表示するチェックです。

Display Publish Date
投稿日を表示するチェックです

Display Post Excerpt Maximum Number of Characters.
本文抜粋を表示するチェックです。
また何文字表示するかの設定も行えます。

Display Post Categories
記事のカテゴリーを表示するチェックです

Enable custom CSS
CSSによるカスタマイズを有効化するチェックです。
下記CSSフォームに記入されることでカスタマイズが可能となります。

テーマ選択で8つ目の「Plain (your own css)」を選んだ場合はこちらのチェックが必須となります。

WPRP04-2Customize

Default thumbnails
関連記事のサムネイル画像がない場合に代替で表示する画像をアップできます。

Use custom field for thumbnails
サムネイル部分にカスタムフィールドを使用することが出来るチェックです。
画像ではなく文字情報を選んで表示することが可能になる。という意味です。

Custom size thumbnails
サムネイル画像の表示サイズを変えたい時にチェックを入れます。
チェックを入れるとサイズ指定出来るようになります。

Other Settings

この項目では、関連記事表示全体に関わる設定を行うことができます。

WPRP05Other Settings

Exclude these Categories:
関連記事として表示させたくないカテゴリ(除外カテゴリ)をチェックできます。

Auto Insert Related Posts
関連記事表示を自動で行うチェックです。
デフォルトではチェックが入っています。

もし関連記事の表示位置を変えたい場合は、チェックを外してください。
チェックを外した上で
ショートコード<?php wp_related_posts()?>を希望位置に書き込むか、
ウィジェット配置で希望位置に配置することが出来ます。

Display Related Posts in Feed
ここにチェックを入れることでRSSフィードにも関連記事を表示させることが出来るようになります。

Support us (show our minimized logo)
チェックを入れると関連記事表示の下に「Sovrn」と開発者ロゴが小さく入るようになります。ロゴが入ることによるメリットは特にありませんので、チェックを入れる必要はありません。

About related posts

一番下の項目「About related posts」ではWordpress Related Postsとはどんなプラグインなのかを紹介しています。いわゆる読み物です。設定や機能的な関連はありません。

ウィジェットで表示位置をコントロールする

特に設定変更しなければ自動で本文下に関連記事を表示するようになりますが、もし表示位置を変えたい場合は、2通りの方法で位置を変えることが出来ます。

1つはショートコード<?php wp_related_posts()?>を任意の位置に書き込む方法です。

もう1つはウィジェットを利用して任意の位置に配置する方法です。

WordPressのメニュー「外観」→「ウィジェット」に行くと「Related Posts」というウィジェットがありますので、これを配置してください。

WPRP06ウィジェット

記事毎に関連記事を手動で設定する

WordPress Related Postsの特徴的な機能として、記事毎に手動で関連記事を設定することが出来ます。

WPRP07Edit

やり方は

  1. まずWordpressにログインする
  2. ログイン状態のまま目的の記事を表示する
  3. 関連記事一覧の下にある「Edit Related Posts」ボタンを押す
  4. エディット画面が表示されるのでドラッグ&ドロップで配置していく
  5. 「Save and Close」ボタンを押して保存する

となります。

WPRP08Edit

もしエディットを止めたくなったら、周囲の黒い部分をクリックすればいつでもすぐに止めて終了することができます。

まとめ

関連記事の表示は回遊性を上げるために有効なのでぜひ取り入れたい施策の一つです。
WordPress Related Postsは精度的にはイマイチですが、とりあえず簡単に導入できるのがオススメポイントです。

また、手間を惜しまなければ手動で完璧な関連記事を配置できるのも強みですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする