加湿器は象印がメンテナンス性バツグンでおすすめ!見た目まんま電気ポットだけどね!

象印加湿器EE-RL35

加湿器が色んな種類リリースされていますが、僕は断然、象印の加湿器をオススメします。

なぜ象印の加湿器をオススメするのかというと、圧倒的に衛生的でメンテナンスが簡単だからです。

加湿器を購入する時に色々見ましたが、衛生面やお手入れの難しさなどで問題アリなものが多い印象を受けた中で、象印のものはとにかくお手入れが簡単で衛生的なので使っていて安心なのです。

ただし、見た目がまんま電気ポットですけどね!

加湿器に求める条件4つ

家で加湿器を購入する時にこだわったポイントは

  • 加湿の性能
  • お手入れの簡単さ
  • 衛生面
  • デザイン

の4点でした。
この4点を吟味した結果購入したのが象印 加湿器 EE-RL35です。

加湿性能

まず、ちゃんと加湿してくれない事には加湿器を買った意味がないので、これはマストな条件ですね。

EE-RL35は方式で言うとスチーム式加湿器となります。いわゆるお湯を沸かして蒸気を吹き出すタイプです。長年電気ポットを作り続けてきた象印さんの得意分野中の得意分野ですね。

動作中はお湯を沸かして上部蒸気吹き出し口から湯気が吹き出します。
見た目でも「加湿してる」感があるのはけっこういいです。

運転モードを「強」で使うと窓に結露が出来るぐらい一気に加湿します。
ただしお湯も一気に無くなるので運転時間が短いのと、そこまで加湿する必要は家はないので、家では「ひかえめ」で寝る時に運転を開始して一晩動かしています。
寝室の枕元で使っているので充分過ぎるくらい加湿の効果を実感していますよ。

お手入れの簡単さ

購入前に色んな加湿器のレビューを読み倒して知った事ですが、加湿器はお手入れが大変なものが多いようです。

つまり「頻繁にお手入れをする必要がある」とか「構造が複雑でお手入れが面倒」といったことなんですが、そうしたレビューが多い中で、象印さんの加湿器は
「とにかくお手入れが楽」
というレビューが多くて、これが購入を決めた一番の理由になりました。

手入れがカンタン、空気がキレイ、そして安全なら、お年寄りにも良いかも?

◆本体内側のカルキ掃除(スチーム性能や騒音に影響)と、
フタのそうじ程度で済みそう。
◇カルキ取り剤は、普通のクエン酸でも良い(ポット専用品は、なお良し)。
◆カルキを ため込まなければ(排水が大切)、
クエン酸を使わなくても、軽くこするだけで キレイを保てる。

衛生上、加熱式に絞って探していました。さらにできれば、メンテナンスが簡単で、メーカーが対応しなくなっても使えるように、フィルターの交換などがないものを探していました。以上の条件に当てはまるものはこの系統のものしかありませんでした。

水を貯める部分の掃除がしやすいので衛生的に使用できます。
掃除用に100均でクエン酸も買っておきましょう。

スチーム式随一のメンテナンス性です。
構造は象印の電気ポットそのままです。
なので倒しても水は溢れません。
フィルターは存在せずポットの蓋部分から蒸気が出るイメージです。
メンテナンスは電気ポットと同じ方法で、内部にミネラル分が析出したらクエン酸を溶かした水を入れて洗浄モードで動作させるだけです。蓋も電気ポットと同じ方法で外して内部を洗う事ができます。

※上記全てAmazonのレビューより引用

実際、構造がまんま電気ポットなのでフィルター類もなく、普通に使っている分には1シーズンまったくお手入れしなくても、あるいは1回ぐらいでOKかな。と思います。

また、普段の簡単なお手入れなら中がシンプルな構造(まんま電気ポットと同じです)なのでさっと拭くだけでもOKだと思います。

内側象印加湿器EE-RL35

いざちゃんとお手入れをする際も、クエン酸(専用のものも売っていますが100均で売っているものでもOK)を溶かしたぬるま湯を入れて「クエン酸洗浄モード」にするだけで自動で洗浄できるので楽ちんです。

衛生面

加湿器の一番の不安面は衛生面でした。

下手なものを買うと内部で雑菌が繁殖してしまい、その雑菌を部屋中にまき散らすことになるので、風邪など病気になりたくなくて使っているはずの加湿器が原因で病気になった。なんて笑えない事にもなりかねません。

以前1シーズンだけ気化式の加湿器を使った事がありますが、まあまあ気を付けてお手入れしていたつもりでもシーズン後半にはカビらしきものが見えるようになって明らかに衛生的でないと感じるような有様となっていました。

象印の加湿器はいわゆるスチーム式方式で、お湯を沸騰させる方式なので雑菌の繁殖がしにくいタイプですし、またフィルターなどもなく構造がシンプルなのも、お手入れの簡単さも含めて衛生面でプラスになっています。

デザイン・・・

実は最後まで購入を躊躇させた唯一の要因は、デザインでした。

もう、完全にまんま電気ポットですやん。
注ぎ口がない電気ポット・・・
はっきりいって笑えます。

象印加湿器EE-RL35

普段、見た目が大事。見た目が愛せないと愛着も湧かないんじゃないか。と考えていましたので、このザ、白物家電!て感じのデザインにかなり躊躇してしました・・・
が、最後はヨメさんが「笑えるからOK!」と決断して購入に至りました。

そうして1シーズン使ってみた結果、今でも笑えるデザインですが、もう慣れてしまったというか、むしろこの質実剛健なところに愛着がわいてきました。

マイナスポイントもありますよ

性能面で大満足の加湿器ですが、マイナスポイントも全くない訳ではありません。

  • 湯沸かし音が大きい
  • 蒸気は熱い

湯沸かし音が大きい

スチーム式と言えばそれっぽい響きですが、要はお湯を沸かしているだけなので、お湯を沸かしている音がボコボコそれなりにします。電気ポットの湯沸かし音そのままです。

ただ運転モードを「弱」や「湯沸かし音セーブ」にすることで一応押さえることもできます。
でも全くの静音には出来ないので音の静かさを求める方にはオススメ出来ません。

蒸気は熱い

湯沸かしした蒸気が上から噴き出しているので、やっぱり熱いです。
熱いのでちょっとした暖房効果もあり全くのマイナスポイントではないのですが、例えば小さなお子さんがいるご家庭など、うっかり熱いところに近付いて火傷などの怖れがないとも言えません。
置き場所に充分注意するなどの配慮は必要です。

デザインさえOKならば性能は大満足です

デザイン面にだけかなり躊躇しましたが、性能面はこれ以上ないぐらい満足しています。

むしろデザイン面ももう慣れました(今でも笑えるデザインですが)ので、本当に買って良かったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする