帝王切開は自然分娩より楽?大変?【後編】手術はあっという間。術後が大変

出産入院

予定外の帝王切開となり、心の準備も知識もないまま手術に突入した私!
事前準備がないまま臨んだ帝王切開だからこそ、感じたこと、驚いたことを共有したいと思います。

いよいよ帝王切開手術を受けます・・・

約1時間で慌ただしく準備が進み、いよいよストレッチャーで手術室へ!

立ち合い出産希望でやる気満々で2日間病院で待っていてくれた旦那くんと軽く言葉を交わしてから手術室に入りました。

麻酔を打つのがまず大変!

手術台に乗せられて、まず下半身麻酔を打ちます。

この下半身麻酔を打つのがまた大変!
下半身麻酔は腰のあたりの背骨に打つので、横向きに寝て、膝を抱えて腰の背骨が浮き出るように丸くなる体勢を取る様に言われるのですが、どんなに丸くなっても「もっと!もっと!」と言われてしまします!
なんせ臨月のおなかが邪魔で丸くなる姿勢なんて苦しくてできません。

しまいには助産師さん2人に押さえつけられてやっとの思いで腰に針を刺して麻酔を注入。
麻酔を刺す痛さよりも、麻酔の体勢の方が私は苦しかったです。

麻酔を注射してからすぐに足が痺れたときのような感覚になっていき、麻酔が効いてきます。
麻酔が効いているかのチェックは、「痛いですか?」って聞かれながらおなかをツンツン(笑)あまりに原始的な方法でちょっとおもしろかったです。

いよいよ帝王切開です!

尿管(おしっこを抜き取る管)や酸素マスク、さまざまな機器を装着してついに手術開始!

下半身麻酔なので意識ははっきりしているし、麻酔で痛くはないけど、触られている感覚はあるので「あっ、今おなか切ったかな?」というのは何となくわかります。

ドラマのように、医師が手術器具の名前をいろいろ言ったり、看護師さんが時々私の心拍数や血圧を報告したりするのを聞きながら、私のテンションはどんどん上がっていきます。

開始から10分くらい経ったところで、助産師さんから
「もう少しでおなかをグッと押して赤ちゃんを出すから心の準備をしておいてね」
と言われ、ワクワクとドキドキがMAXに!

おなかをグリグリと押されて、手術開始から10分でついに待ち望んだ我が子が誕生!
すぐに目の前に連れてきてくれて対面できました!
もちろん手術中なので抱っこはできず・・・我が子はすぐに手術室から連れ出されていきました。

そして術後の処理

帝王切開は出産前よりも、出産後の方が時間がかかります。
私の場合は出産までは10分でしたが、術後の処置には40分かかりました。

胎盤などを取り除き子宮の中をきれいにしてから、子宮を縫い、おなかを縫います。
おなかは縫ったあとに医療用のホチキスで止められ、さらにテープが貼られていました。

処置が終わったあとは、ストレッチャーで病室に戻ります。
当たり前ですが、下半身麻酔が効いているので移動や着替えなどはすべて看護師さん、助産師さんがやってくださいます。
トイレにも行けないので尿管がつけられています。

さらに、両足に弾性ストッキングをはき、フットポンプが巻き付けられます。
弾性ストッキングは、足をギュッと締め付ける膝上丈のストッキングです。
フットポンプは機械的に空気を送り、足の圧迫・弛緩を繰り返す装置です。

下半身麻酔をしていると、足の筋肉が動かず、足に送られた血液を押し戻す力が弱まるため、血栓ができやすくなるなってしまいます。
その血栓が心臓に流れ、肺に詰まってしまうと命に関わる事態になりかねません。
なので血栓予防のために弾性ストッキング&フットポンプを丸1日くらい装着しておきます。

麻酔が切れた後の激痛!!!

帝王切開の最大の難関は麻酔が切れたときです!

私の場合は15時に手術をして7時間後の22時頃、麻酔が切れてきました。
すると、傷口がこれでもかというくらい痛み始め、全身脂汗でびしょびしょに!

やっとの思いでナースコールを押し、痛み止めの座薬を入れてもらいました。

帝王切開は保険が適用されます

こうして緊急帝王切開を行った慌ただしい1日が終わりました。

帝王切開は出産とはいえ、立派な手術です。
入院保険などに入っている方は、保険料の申請も忘れずにしてくださいね。
私の場合は、実費以上の保険金がいただけました!ラッキー!

出産は産まれる瞬間まで何が起こるかわかりません。どんな事態にも余裕をもって臨めるように、準備しておくことをオススメします!

※この体験記は個人の記憶と主観に基づいて書かれています。
医学的な情報などはなるべく正確を期す様に心掛けておりますが、あくまで個人の体験談として読まれるようお願いします。
破水から出産に至るまでの体験記はこちら
破水~陣痛促進剤~帝王切開。私の出産はフルコースでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする