うつ病の診断は何科を受診すべき?心療内科?精神科?それぞれの特徴

心療内科と精神科

うつ病ってどこの病院の科を受診すればいいのか。僕はわかりませんでした。

なんとなくイメージは「心療内科」か「精神科」っぽいですよね。
もしくは「メンタルクリニック」と書かれた病院も見かけます。
また当時の僕は「神経科」もなんとなくそれっぽい気がしていました。

先に結論を申しますと「心療内科」「精神科」「メンタルクリニック」と表示している病院、医院、クリニックであればどこでもうつ病をはじめとしたメンタル系の病気の診断および治療をしてもらえます。
ただし科によって主な診断領域や治療方針、処方される薬が若干違いう場合があります。

「神経科」は脳や筋肉などの伝達系統の病状を診る科で精神疾患は対象としていません。

「心療内科」「精神科」「メンタルクリニック」
どこに行っても精神疾患の診断治療が受けられますが、それぞれの違いを知ることで、より希望に近い診断を受けられて、無駄足を踏まなくてよくなります。

この記事では「心療内科」「精神科」などの科の特徴、違いを解説します。

心療内科と精神科の違い

心療内科と精神科。どちらもうつ病をはじめとした精神疾患の診断をしてもらえるという点では大きな違いはありません。

では何が違うのかというと・・・

身体の不調を診るのが心療内科

心療内科は精神的な原因で起こった身体の病気を診断治療する科です。
(例:ストレスから来る腹痛、下痢、胃潰瘍、動悸、喘息など)
身体の症状を診るので、大枠では内科の一分野とも言えます。

受診した上で提示される治療方針や処方される薬は、身体の不調を治療するためのものが主なものとなります。

ですので、例えば身体がダルい。お腹がキリキリ痛む。頭が痛い。などといった身体の不調が主な症状と感じる方は心療内科を受診するのがよいです。

こころの不調を診るのが精神科

精神科は精神的な原因で起こった精神の病気を診断治療する科です。
(例:落ち込み、無気力、イライラ、眠れない、情緒不安定など)
ですので、治療方針や処方薬は、精神の安定を図るもの、こころの不調を治療するものが主となります。

ですので、例えば気分が落ち込んで晴れない。イライラが止まらない。情緒不安定といった気分やこころの不調が主な症状と感じる方は精神科を受診するのがよいです。

実際はほとんど同じ

身体の不調を診るのが心療内科
こころの不調を診るのが精神科

という領域の違いがありますが、ところがうつ病をはじめとした精神疾患の多くは、身体の不調もこころの不調も、両方出てくるパターンがほとんどであり、また身体の不調を治すことでこころの不調も治る。またその逆も然り。と身体とこころは密接にリンクしているので、結局のところどちらの科もこころと身体両方を診て診断を行います。

こころとからだ

なので、あえて区別せず心療内科・精神科と両方を掲げている病院も多いです。

メンタルクリニックってどんな病院?

メンタルクリニックとは、その名前の通りメンタル=こころの病気全般を扱うクリニック=病院・医院です。

従来の「精神科」「心療内科」だと
なんとなく敷居が高い。
診察に行く勇気が湧かない。
偏見がある。
といったマイナスのイメージがあったため、病院側としても患者側としても少しでも気軽に診察に行けるように考え出されたのが「メンタルクリニック」という名前。とも言えます。

実際のところは「精神科」「心療内科」の受診と同じで、こころの病気全般を診察治療できます。
また病院によってはカウンセラーが常駐していて同時にカウンセリングを受けられるようになっているところも珍しくありません。

心療内科と精神科の違いと共通点。それぞれの体験談

僕がうつ病に悩まされていた当時、何科を受診すればよいのかよく分からなかったので、とりあえず最初に受けたのは「心療内科」でした。
(「心」の字が入っていたから。というのが受診した理由)

心療内科の受診

心療内科では、受付して待合室で待っている間に設問が数十問あるアンケートに答えました。
内容は食事を取れているか、眠れているか、運動しているか、ストレスの具合や自殺願望の或る無し、といったものです。

診察室では、いわゆる内科と同じように聴診器を当てられたりお腹の具合を確かめられたリ(触診)もしましたし、ストレスの具合などをいくつか質問もされました。

時間にして10分も無かったと思います。
診断結果は「うつ病」でした。

どんな薬が処方されたかはもう全然覚えてないですが、確か精神安定剤的なものだったと思います(身体の症状がほとんどなかったはずなので)

精神科の受診

一旦うつ病の症状が収まったかに見えた数年後に再びひどい落ち込みに襲われた再発時に、今度は別の病院の「精神科」を受診しました。

精神科でも受付時にアンケートを渡され待合室で数十問に及ぶ設問に答えました。

心療内科との違いは、診察室ではいくつか質問されただけで聴診器や触診など内科的な事は一切ありませんでした。

時間にして10分も無かったのは心療内科と同じです。
診断結果は「軽症うつ」でした。

処方薬は精神安定剤的なものと落ち込んだ気持ちを持ち上げるものの2種類でした。

心療内科、精神科、両方で感じた事

どちらの科でも感じたことですが、10分にも満たない短い診療で、はたして本当に自分の病状が正しく診断されているのだろうか。というモヤモヤした気持ちが残りました。

おそらく待合室で書いたアンケートであらかたの診断が出来るのだろうと今ならばなんとなく理解できるのですが、当時はどうにも腑に落ちない気持ちでした。

病院での診断はあくまで症状を診て治療方針を決めるだけ。
その診断結果によって薬を処方したり、通院の頻度を決めたり、場合によっては入院を進めたりするのです。

だから、症状を確認することが出来れば短い診療時間で目的は十分達成されるのです。

症状を聞いて会話によって気持ちを落ち着けたり思考を整理したりするのはカウンセラーの役割で、通常医師がその役割を担うことは多くないようです。

まずは病院で症状を診てもらうこと

もし自分が「もしかしてうつ病?」と感じる場合は、まず
「心療内科」「精神科」「メンタルクリニック」
を受診してみてください。

医師の診断によって病名が付けられるだけでも今後の方針が立てられやすくなりますし、薬の力もバカにできません。

ほおっておくほど、立ち直りが大変になる場合もあります。
早め早めにまず受診することを本当にオススメします。

※この体験記は個人の記憶と主観に基づいて書かれています。
医学的な情報などはなるべく正確を期す様に心掛けておりますが、あくまで個人の体験談として読まれるようお願いします。

※※※目次※※※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする