うつ病の種類。双極性障害、新型うつなど、どんなうつ病でもツラいものはツラい

うつ病の種類

うつ病といえば一般的には

  • 気分が塞ぎこんで深く落ち込み続ける
  • 興味や意欲を失い無気力になる
  • ネガティブな感情、思考に支配される

といった症状をイメージされやすいですが、実は様々なタイプのうつ病があることが分かってきています。

中には一見病気と思われないような周囲からはうつ病と認められず本人のツラさがなかなか伝わらないやっかいな症状のものもあります。

ここでは主に名称のついているうつ病の種類を、代表的な症状と共に紹介していきます。

うつ病(単極性障害)(大うつ病)

一般的にうつ病と言われている病気は別名を「単極性障害」「メランコリー(親和)型うつ病」とも言われています。

またアメリカの診断基準「DSM-5」では「major depressive disorder」と呼ばれていることから「大うつ病」と訳されてもいます。

症状としては一般的にイメージされる

  • 気分が塞ぎこんで深く落ち込み続ける
  • 興味や意欲を失い無気力になる
  • ネガティブな感情、思考に支配される

といったもの(抑うつ状態)が挙げられます。

単極性障害グラフ

また

  • 疲れやすい。疲れが抜けない。
  • 眠れない。不眠。
  • 体重の減少。

といった身体の不調も表れます。

重度のうつ病ともなると

  • 自殺願望(希死念慮)

が表れることもあり、また実際に自殺行動を起こし命を絶ってしまう場合もあるため、うつ病は命に関わる危険な病気であると言えます。

そううつ病(双極性障害)

一般的なうつ病の症状が深い落ち込み(抑うつ状態)だけ(単極)なのに対して、非常に気分が高揚して無闇に行動的になったりする躁状態と、深く落ち込む抑うつ状態が両方現れる病気が「そううつ病」です。

双極性障害グラフ

抑うつ状態と躁状態の2つが表れることから「双極性障害」とも呼ばれています。

そううつ病における抑うつ状態での症状はうつ病のそれと同じなので、抑うつ状態だけを見た限りではうつ病と見分けがつかない場合もあります。

躁状態の時に表れる症状としては

  • 感情が高ぶり抑えきれない。
  • 無理、無茶をやってしまう。

など、一見病気とは思えないような行動、感情に見えますが、自ら制御できないで衝動的な行動に走ってしまうことがやはり病的であると思われます。

抑うつ状態と躁状態が入れ替わる期間は人それぞれですが、ごく短期間の内にくるくる入れ替わるタイプのそううつ病は「急速交代型(ラピッドサイクラー)」と呼ばれます。

非定型うつ病(新型うつ病)

一般的に定義されているうつ病の症状や特徴とは違う形で抑うつ状態に悩まされる症状を
「定型でない」という意味の「非定型うつ病」や「新型うつ病」と呼んでいます。

この非定型うつ病はまた

  • 逃避型うつ病
  • 現代型うつ病
  • 未熟型うつ病
  • ディスチミアうつ病
  • 5時までうつ

などとも呼ばれています。

非定型うつ病の症状はうつ病のそれと同じなのですが、例えばストレスフルな環境(職場など)から逃れることで症状がすぐに収まったり、日中だけ抑うつ状態が表れたり、気晴らしが効果的だったり(うつ病では気晴らしがそもそも出来ない)といった具合に従来考えられていたうつ病とは症状の表れ方が違います。

その症状の表れ方が「逃避している」「サボッている」「わがまま」と見られるようなパターンに近いため、従来のうつ病よりもさらに周囲から良く思われない傾向が強いです。

とはいえ実際本人は非常に苦しんでいるので、周囲からの評価と本人の苦しみのギャップが大きく、より厳しい状況に陥りやすい可能性があるとも言えます。

特定の原因により発症するうつ病

うつ病はその原因が1つに絞ることが難しく様々な要因が絡まって発症する傾向があると考えられていますが、一方で特定の条件下、原因によってうつ病を発症する場合もあります。

例えば

  • 老人性うつ病
  • 季節性うつ病(冬季うつ病)

などが挙げられます。

発症する条件が特定的であるとはいえ、いずれにしても回復には時間を必要とし、その苦しみはうつ病のそれと何ら変わりがありません。

軽症うつ

いわゆるうつ病の症状が軽いと診断された場合に「軽症うつ」と呼ばれます。

この場合の「症状が軽い」とは、あくまで医師側の基準の中での話であり、例えばうつ病の症状が10としたらあなたは6程度だから軽症うつですね。ということです。

確かに症状としては軽いかもしれませんが、本人にとっての苦しさはまた別の話であり、軽症だから大したことない。と言い切れるものでもありません。

どんなうつ病でもツラいものはツラい

ここに挙げたうつ病の種類は名称のついている代表的なものだけですが、実際には人それぞれ様々な要因や症状があり、また診断が容易でないのがうつ病のやっかいなところでもあります。

共通していえるのは、どんなうつ病でも本人にとっては本当にツラい病気ということです。

僕の場合は最初「うつ病」と診断され、数年後再発した時には「軽症うつ」と診断されました。
診断では「うつ病」「軽症うつ」でしたが、今振り返ると本当は「そううつ病」だったんじゃないか。もしくは「非定型うつ」だった可能性もあります。

まあ今となっては病名はどうでもいいのですが、実際日常生活もままならず仕事は退職、一時は寝たきり、自殺願望を抱えるまでになったのですから、いずれにせよ本当にツラかったのです。

※この体験記は個人の記憶と主観に基づいて書かれています。
医学的な情報などはなるべく正確を期す様に心掛けておりますが、あくまで個人の体験談として読まれるようお願いします。

※※※目次※※※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする