2017年最速メモアプリは「メモ魔」でしょ

メモ魔アイコン

「メモ魔」はメモ用キーボードを追加するタイプのメモアプリです。
・キーボードを切り替えるだけですぐ使える手軽さ
・ウィジェットでメモが一覧表示される見やすさ
が使いやすいです。

他のメモアプリと決定的に違うのは、専用キーボードを追加するタイプなので、使いたい時、メモを見たい時にいちいち毎回アプリを開く必要がない。というところです。
アプリを開くよりキーボードを開く方が圧倒的に手軽で早いです。

メモもウィジェットで表示されるので見たい時にすぐ見れます。

「メモ魔」は個人的には2017年度最速のメモアプリなんじゃないかと思っていますよ。

メモ魔はこんな人にオススメ

メモアプリ「メモ魔」はこんな使い方をする人にオススメです。

  • 思い付いた時にパッとメモを取りたい
  • メモをいつでもすぐに見たい
  • 単語程度のメモで充分
  • フリック入力で文字を打つ

パッとさっと使いたい時にすぐ使えるのはすごく使い勝手が良いです。
日常的にメモをよく取りたい人にはほんとオススメですよ。

一方でメモ魔では出来ない事もあります。

  • 長文は不向き(19文字が限界)
  • ウィジェットですぐ見れるメモは11個まで
  • メモ一覧の並べ替えが出来ない
  • フリック入力でしか入力出来ない

これら得手不得手はありますが、パッと使えてさっと見れる「メモ魔」はやっぱり使いやすいです。

  • スーパーに行く時の買い物リスト
  • ブログの記事ネタリスト
  • todoリスト
  • おもろそうな映画やマンガなど忘備録として

など、ちょっとしたメモを取るのに重宝しています。

メモ魔のインストール、設定

メモ魔はインストールしてから使い始める前の設定が少し手間がかかります。
最初の一回だけなのでここは辛抱して進めましょう。

メモ魔キーボードの追加

まずAppストアで「メモ魔」をダウンロードします。
アプリ自体は普段一切触れる必要がない(インストールさえしておけばOK)ので、邪魔にならないところに避けておいてOKです。

iPhoneの設定に入って
一般→キーボード→キーボード→新しいキーボードを追加
に進みます。
「メモ魔」を選択して「完了」をクリックして、キーボードを追加します。

キーボード追加

キーボード設定画面に追加された「メモ魔」をクリックして「フルアクセスを許可」をオンにします。

フルアクセスを許可

「メモ魔」のキーボード設定は以上です。

ウィジェット設定

続いてメモ魔で書いたメモを表示するためのウィジェットの設定をします。

まず画面を左にスライドしてウィジェットの画面を開きます。

左にスライド

ウィジェット画面の一番下にある「編集」ボタンをクリックします。

ウィジェット編集

「ウィジェットを追加」画面が開きますので、「+」アイコンをクリックしてメモ魔ウィジェットを追加します。
メモ魔ウィジェットには「プライベート」「ビジネス」の2種類がありますが、どちらか一方だけ追加してもいいですし、両方追加して使い分けることもできます。

「完了」をクリックしてウィジェット画面に戻ると「メモ魔」のメモ一覧が表示されるようになります。

ウィジェット設定は以上です。
これでメモ魔の設定は全て完了です。

アプリに詳しい説明あります

なお、詳しい設定方法はメモ魔アプリを開いて「各種設定」→「←初期設定説明へ」に進むと画像付きで分かりやすく説明されていますので、そちらも参照をオススメします。

メモ魔の使い方

「メモ魔」の使い方はとても簡単です。

メモしたくなったら、画面を上から下にスライドしてキーボードを開きます。

下にスライド

地球アイコンをクリックか長押ししてキーボードを「メモ魔」に切り替えます。

キーボード切り替え

「メモ魔」キーボードでメモを書いたら「メモ記」ボタンをクリックして完了です。

メモ魔キーボード

書いたメモはウィジェット(画面を左にスライドさせると出てきます。)に一覧表示されています。

メモ魔ウィジェット

不要になったメモは、一覧の右にある「削除」をクリックすると消えます。

メモ魔を使いはじめて

メモ魔はとっても便利なのですが残念な点もないわけではありません。

  • キーボードがiPhoneの標準仕様とはデザインが違うので慣れが必要
  • 文字入力の反応が若干遅い
  • フリック入力しか出来ない

これら残念ポイントを差し引いてもやっぱりメモ魔はすごく便利です。

特にフリック入力については、今までガラケーみたいに連打入力で通してきた僕でしたがメモ魔を使うために練習し始めたぐらいです。

さっと使える最速のメモアプリを探しているなら「メモ魔」マジでオススメですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする